パソコンのデータ消去は必要か? 完全消去する方法や処分法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコン内部には、メールや写真・ファイル・クレジットカード情報などの個人情報がたくさん入っています。仕事で使用している場合、外部に流出してはいけない顧客情報も含まれているでしょう。その情報がすべて外部に流出してしまえば、大変なことになってしまいますよね。つまり、パソコンを処分する際には、情報が流出するリスクがあるのです。けれども、処分前にきちんとデータを消去しておけば、流出を未然に防ぐことができます。安心して処分するには、消去の必要性や方法を把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、パソコンデータ消去の必要性や完全消去の方法・業者の依頼ポイントなどについて説明します。

  1. なぜパソコンのデータ消去が必要か?
  2. パソコンの初期化・フォーマットでは消去できないか?
  3. パソコンのデータ消去方法
  4. データ処分をしてくれるパソコン処分業者とは?
  5. パソコンのデータ消去に関してよくある質問

この記事を読むことで、パソコンのデータを正しく消去するために必要な知識を身につけることができます。処分を検討している方は、ぜひ参考にしてください。


1.なぜパソコンのデータ消去が必要か?

パソコンを処分する前に、必ずやらなければならないのがデータの完全消去です。しかし、なぜデータ消去が必要なのでしょうか。

1-1.パソコンに残ったデータとは?

パソコンをさまざまなシーンで使用すると思います。たとえば、写真や動画を編集したり、仕事で顧客情報の管理に使用したり、プレゼンテーションで活用したりなど、プライベート以外にも使用することがあるでしょう。パソコンで使用した内容すべてが、内部にデータとして残るのです。
近年、利用者が増加しているネットショッピングの際に、クレジットカード情報を登録することもあるでしょう。その情報もすべて残ることになります。ゲームをしたときも、IDやパスワードが保存されるのです。ショッピングサイト・会員サイトに登録した情報も残ります。

1-2.消去の必要性

壊れたパソコンを処分、または買い取ってもらう・友人に譲るなど、パソコンを手放すときは、必ずデータを消去してください。パソコン内部に含まれているデータの流出を防ぐために、消去が必要です。きちんと消去しなければ、大変な事態になってしまいます。データ消去をしない場合の影響については、次項で説明するのでチェックしてくださいね。

1-3.消去しないとどうなるか

パソコンのデータを消去しなければ、大切な情報が外部へ流出してしまいます。実際に、処分したパソコンからデータを取られて悪用されたという被害が出ているのです。たとえば、顔写真が出会い系サイトに載せられるなどのトラブルが発生します。また、仕事で使用した場合、機密内容である顧客情報が流出すれば、会社の信用性にもかかわるのです。これらの被害を防ぐためには、きちんとデータを消去する必要があります。

2.パソコンの初期化・フォーマットでは消去できないか?

パソコンの初期化でデータが消去できるわけではありません。初期化・フォーマットの意味やデータ消去ができない理由・危険性について詳しく説明します。

2-1.初期化・フォーマットとは

パソコンの初期化は、リカバリーともいいます。パソコンの購入時や1番最初に使用したときの状態に戻すことが可能です。初期化を行えば、後からインストールしたアプリケーション・ソフトや保存していたデータ・カスタマイズした設定をすべて消すことができます。一見、データを完全消去したように感じますが、表面上消えただけなので内部には残っている状態です。

2-2.データ消去はできないのか?

初期化を行えば、パソコンの画面上からデータが消えます。しかし、単に管理情報が変更されただけで、フォーマットでデータが見えなくなっている状態です。ハードディスクの中にはしっかりと残っているため、データ復元ソフトを使用すればすぐに復活します。ハードディスク内の情報は、特殊なソフトを使用して消去するか、または物理的な方法で破壊することで消去できるでしょう。初期化・フォーマットだけでは完全消去ができないことを、きちんと覚えておいてくださいね。

2-3.危険性について

「初期化すれば大丈夫」と信じこんだり、データを消去するのが面倒に感じたりと、きちんと消去せずに処分する方が増えています。その結果、メールアドレスや電話番号・家族構成・写真・銀行口座・クレジットカードなどの個人情報や、企業の財務・人事・顧客・技術情報などが流出して悪用されることになるのです。1度、情報が流出してしまえば、取り戻すことはできません。情報の流出を防ぐことが1番大切なポイントとなります。

3.パソコンのデータ消去方法

それでは、パソコンのデータ消去はどのようにすれば良いのでしょうか。完全消去する方法や自分でする・壊れたパソコン・プロに頼んだほうが良い場合について説明します。

3-1.完全消去する方法

主な消去方法は、ソフトウェア消去・物理破壊・電磁消去の3つがあります。それぞれの方法については、以下のとおりです。

  • ソフトウェア消去:データ消去専用ソフトを使用して消す
  • 物理破壊:データが入っているハードディスクを取り出して、カッターなどで傷をつけ破壊する
  • 電磁消去:特殊の装置で強磁気をかけて消す

これらの消去法を実施する前に、データのバックアップを取っておきましょう。消去した後は、初期化・フォーマットを行い、出荷前の状態に戻しておいてくださいね。

3-2.自分でやる方法

自分でできる消去法は、ソフトウェア消去と物理破壊の2つです。電磁消去は特殊な装置が必要となるので難しいでしょう。ソフトウェア消去をする場合は、データ消去の専用ソフトを準備しなければなりません。パソコン販売店や家電量販店で購入できますが、インターネット上で無料ダウンロードが可能なフリーソフトも使用できます。できるだけ、費用を抑えたい方はフリーソフトを利用すると良いでしょう。
物理破壊を選択する際は、ネジをはずすドライバーやカッター・金づちなどの道具が必要です。HDDを取りはずした後、カバーをはずしてガラスの部分にカッターや金づちで傷をつけます。破片が飛び散ってケガをするおそれもあるため、十分に注意しなければなりません。

3-3.壊れてしまったパソコンの場合は?

壊れたパソコンも、データ消去を行う必要があります。パソコンが壊れた=データも失ったというわけではありませんので注意してくださいね。起動しない原因がハードディスク以外にある場合、ハードディスク内のデータがそのまま残っています。パソコンから抜き取ったハードディスクを、ほかのパソコンと接続すれば中身のデータをそのまま見ることができるのです。たとえ、ハードディスクが壊れていても、状態によっては中身が復元できることもあります。

3-4.プロに頼んだほうが良いケース

完全消去ができているか不安な方や、パソコンが壊れていて対処できない方は、プロにデータ消去を依頼してください。パソコン回収業者の中には、データ消去サービスを行っているところがあります。業者に依頼すれば、専用の機器でデータ消去してもらえるので安心です。また、データ消去証明書を発行してくれる業者に依頼しましょう。証明書を発行してもらえば、業者とのトラブルが回避できます。

4.データ消去をしてくれるパソコン処分業者とは?

パソコン処分業者やお得な無料回収・注意点について詳しく説明します。

4-1.パソコン処分業者について

不要になったパソコンの回収を行っている業者が、パソコン処分業者です。さまざまなサービスを展開しているので、複数の業者を比較してみてください。また、データ消去サービスを行っている業者に依頼しましょう。処分だけを行っている業者の場合、自分でデータを消去しなければなりません。処分とデータ消去が同時にできる業者なら、手間と時間がかからないのでおすすめです。

4-2.お得な無料回収について

業者の中には、パソコン・不用品の無料回収を行っているところがあります。ただし、無料回収は「後で追加料金を請求された」というトラブルが起きる可能性もあるため、無料回収の理由がきちんと記載されているか確認してください。パソコン・不用品を無料回収している「パソコン処分本舗」では、回収したパソコンをリユース品として再活用し、リユースできないものも部品に分解してパーツをリサイクルしています。無駄な費用をかけていないからこそ、無料回収が可能なのです。

4-3.注意点

宅配回収を利用する場合、送料に注意してください。無料回収となっていても、送料が自己負担というところがあります。送料がリサイクル料金以上にかかる可能性もあるため、依頼前にきちんと確認しておきましょう。
宅配回収サービスを行っている「パソコン処分本舗」は、対象商品が1点でもあれば無料回収が可能です。デスクトップパソコンやノートパソコン・液晶モニター・タブレット端末・スマートフォン・ゲーム機などが対象商品となります。対象商品が1点含まれていれば、送料有料商品を同時にいくつでも同梱(どうこん)できるので安心してください。

5.パソコンのデータ消去に関してよくある質問

パソコンのデータ消去に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

5-1.データ消去ができるフリーソフトが知りたい

世界最高標準に準拠した消去ができる「DESTROY」がおすすめです。DESTROYは、ハードディスクのデータを完全に抹消することができます。ほかにも、データ消去ソフトとして評価の高い「File Shredder」や、パソコンのドライブデータが完全抹消できる「CCleaner」、外付けHDDなどのデータ消去ができる「Wipe-out」がおすすめです。

5-2.業者選びのポイントとは?

業者選びで悩んだときは、回収方法が選択できる・データ消去サービスを行っている業者を選びましょう。自分でデータ消去ができなくても、業者なら安心して依頼できます。また、無料回収業者を利用する際は、無料回収の理由がきちんと記載されている業者を選んでください。送料や収集・運搬費用がかからないかなど、細かい点も確認しておきましょう。

5-3.データのバックアップをするには?

パソコンを処分する前に、データをほかの場所へ移行しておかなければなりません。バックアップの方法としては、パソコン全体をバックアップするか、もしくはほかのパソコンやメディアにデータを移行する方法があります。パソコン全体をバックアップする場合は、OSなどによって方法が異なるため、取扱説明書を読んだり、サポートセンターに問い合わせたりと確認してください。

5-4.業者で行うデータ消去法とは?

パソコン・不用品無料回収の「パソコン処分本舗」では、論理的消去機・物理的破壊機・垂直磁気記録方式HDD対応イレーサーの3つの方法でデータ消去を行います。論理的消去機は、パソコン先進国アメリカの国家機関で推奨・準拠されているデータ消去方法です。物理的破壊機は、約3トンの油圧で4本のピンが加圧し、約10秒でハードディスクに穴をあけて読み取りを不可能にします。そして、垂直磁気記録方式HDD対応大型イレーサーは、最先端の磁気データ消去技術です。すべてのHDDの記録方式データ消去に対応しています。

5-5.データ消去証明書の発行手数料はいくらか?

業者によって異なりますが、発行手数料は機器1台につき、約1,100円です。ただし、消去方法によっては、2,000円以上かかることもあります。「お金がかかるから」と発行しない方もいますが、業者とのトラブルを未然に防ぐには必要なものです。「業者に依頼したけど、きちんとデータが消去できず流出した」というトラブルも起きているので、データ消去証明書を発行したほうが安心できます。

まとめ

いかがでしたか? パソコンのデータには、電話番号や写真・家族構成・クレジットカードなどの個人情報から会員サイトやゲームのID・パスワードが多数含まれています。仕事で使用している場合は、人事・財務・顧客情報など大切なデータが入っていることもあるでしょう。これらの情報をすべて消去しなければ、処分したときに外部へ流出し悪用されてしまいます。実際に、悪用されたケースもあるので注意しなければなりません。初期化・フォーマットだけでなく、専用ソフトを用いた論理的消去、または物理的破壊が必要です。自分でデータ消去ができない場合は、消去サービスを行っている業者に依頼してください。データ消去の知識を身につけておけば、安全に処分できます。