パソコンのデータ消去は必要か? 完全消去する方法や処分法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコン内部には、メールや写真・ファイル・クレジットカード情報などの個人情報がたくさん入っています。仕事で使用している場合、外部に流出してはいけない顧客情報も含まれているでしょう。その情報がすべて外部に流出してしまえば、大変なことになってしまいますよね。つまり、パソコンを処分する際には、情報が流出するリスクがあるのです。けれども、処分前にきちんとデータを消去しておけば、流出を未然に防ぐことができます。安心して処分するには、消去の必要性や方法を把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、パソコンデータ消去の必要性や完全消去の方法・業者の依頼ポイントなどについて説明します。

  1. なぜパソコンのデータ消去が必要か?
  2. パソコンの初期化・フォーマットでは消去できないか?
  3. パソコンのデータ消去方法
  4. データ処分をしてくれるパソコン処分業者とは?
  5. パソコンのデータ消去に関してよくある質問

この記事を読むことで、パソコンのデータを正しく消去するために必要な知識を身につけることができます。処分を検討している方は、ぜひ参考にしてください。


1.なぜパソコンのデータ消去が必要か?

パソコンを処分する前に、必ずやらなければならないのがデータの完全消去です。しかし、なぜデータ消去が必要なのでしょうか。

1-1.パソコンに残ったデータとは?

パソコンをさまざまなシーンで使用すると思います。たとえば、写真や動画を編集したり、仕事で顧客情報の管理に使用したり、プレゼンテーションで活用したりなど、プライベート以外にも使用することがあるでしょう。パソコンで使用した内容すべてが、内部にデータとして残るのです。
近年、利用者が増加しているネットショッピングの際に、クレジットカード情報を登録することもあるでしょう。その情報もすべて残ることになります。ゲームをしたときも、IDやパスワードが保存されるのです。ショッピングサイト・会員サイトに登録した情報も残ります。

1-2.消去の必要性

壊れたパソコンを処分、または買い取ってもらう・友人に譲るなど、パソコンを手放すときは、必ずデータを消去してください。パソコン内部に含まれているデータの流出を防ぐために、消去が必要です。きちんと消去しなければ、大変な事態になってしまいます。データ消去をしない場合の影響については、次項で説明するのでチェックしてくださいね。

1-3.消去しないとどうなるか

パソコンのデータを消去しなければ、大切な情報が外部へ流出してしまいます。実際に、処分したパソコンからデータを取られて悪用されたという被害が出ているのです。たとえば、顔写真が出会い系サイトに載せられるなどのトラブルが発生します。また、仕事で使用した場合、機密内容である顧客情報が流出すれば、会社の信用性にもかかわるのです。これらの被害を防ぐためには、きちんとデータを消去する必要があります。