おもちゃが増えすぎて悩む?おもちゃを処分する方法と時期を学ぼう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

おもちゃは、適切に処分しないとどんどん増えるばかり。
今回は、おもちゃが増えすぎて悩んでいる人のために、処分する方法や適切な時期について詳しく解説しています。

  1. おもちゃを処分するときの注意点を学ぼう
  2. おもちゃを処分する時期やタイミングはいつ?
  3. 不要になったおもちゃの処分方法を解説
  4. まとめ

この記事を読むことで、おもちゃの処分に悩むことが無くなるでしょう。


1.おもちゃを処分する時期やタイミングはいつ?

子どものおもちゃを処分する時期やタイミングは、悩みの種ですよね。
では、どんなポイントで処分すると良いのか、実際に見ていきましょう。

1-1.おもちゃが壊(こわ)れたとき

愛用しているおもちゃほど、壊(こわ)れやすいですよね。
壊(こわ)れたことで、おもちゃとしての機能を果たせなくなった場合は、処分する時期がやってきたと考えましょう。
子どもにとっても、壊(こわ)れてしまっては処分しても仕方がない、と納得しやすい理由です。
ただし、修復してまだ使える物の場合は、捨てるよりもリサイクルに回した方が良いこともあるので注意しましょう。

1-2.子どもが遊ばなくなったとき

子どもがおもちゃに飽きて、遊ばなくなったときは絶好の処分タイミングです。
おもちゃにも対象年齢がありますから、成長してあまり見向きをしなくなる時期がやってくるもの。
もう見向きもしなくなったおもちゃの場合は、処分しても問題ないでしょう。
でも、子どもに内緒で処分するのはいけません。
必ず、おもちゃを処分することを言ってからにしましょう。

1-3. 収納スペースが限界に達したとき

自宅の場合、おもちゃを収納するスペースにも限界がありますよね。
おもちゃを収納するスペースが限界を超えた、処分するタイミングと考えましょう。
そもそも、限界を超えたと感じたときは、確実におもちゃがあふれ返っている状態。
本来の収納スペースの機能を、果たすことができていないはずです。
実際にどの程度の量を処分するかは、皆さんしだい。
いずれにしても、収納スペースに対する適量になるまで、不要なおもちゃを減らしていきましょう。

12