事務所の移転で忘れてはいけない5つのポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

事務所の移転は、会社の信用をアップする絶好のチャンスです。逆に、移転の準備や手続きがうまくいかなければ、経営へのダメージとなります。心機一転した環境で新事務所をスタートできるなら、社員のモチベーションも高まるはずです。それでは、よい準備で事務所の移転をするために、忘れてはいけない5つのポイントをご紹介します。

  1. 事務所移転の準備
  2. 事務所移転の案内を忘れずに
  3. 事務所移転の落とし穴
  4. 移転を会社のプラスにするために
  5. 不用品の処分方法

1.事務所移転の準備

1-1.分別には時間をかけよう

事務所の移転は会社の持ちものを見直すよい機会です。不要なものを新しい事務所に運ぶなら時間や費用もかかり、効率がよくありません。ですから、事前に時間をかけて、必要なものと不要なものを分別しましょう。会社のイベントで使ったものや廃棄してよい資料なども多いはずです。書類は早めに電子データにするかスキャンをしましょう。

1-2.移転対応のチームをつくろう

すべての社員が移転の準備をするのは効率がよくありません。本来の業務に支障がでます。そのため、社内で移転対応をするチームをつくってください。チームは持ちものの分類や必要書類のスキャン、購入するオフィス家具の見直しなどを担当します。そうすれば、業務に支障なく、準備をすすめていけるはずです。

1-3.重要なものは最初からマークしよう

移転では、大切な書類が紛失する危険があります。特に、パソコンソフトのライセンスやロッカーの鍵などは紛失しやすいものです。移転対応のチームに、重要物の管理をしっかり依頼しましょう。間違って廃棄しないためにも、重要物のリストアップは大切です。