家電の処分に困っている方は必見!家電の回収で損をしないコツとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

家電にも、寿命があります。また、突然故障してしまうこともあるでしょう。使うことができなくなった家電は、処分するしか方法がありません。また、魅力的な新製品に買い替えたときも古い家電が不用になりますよね。不用になった家電の処分で困っている人も、多いことでしょう。そこで、今回は家電の処分や回収を効率良くすすめるコツを、解説します。

  1. 不用になった家電の種類別に処分方法を確認
  2. 自治体の粗大ごみとして捨てる場合を学ぼう
  3. 家電リサイクル法対象品目の処分方法を解説
  4. リサイクルショップを利用して処分する方法
  5. 家電の回収には不用品回収業者を利用しよう
  6. 家電の質問でよくある質問を確認しよう

記事を読み終えるころには、家電の回収について専門家と同じように豊富な知識が身に付いていることでしょう。


1.不用になった家電の種類別に処分方法を確認

まずは、不用になった家電を種類別に分けることから始めましょう。家電には、粗大ごみとして処分できるものと、家電リサイクル法などによってリサイクルの義務があるものがあるからです。

1-1.粗大ごみとして捨てることができる家電

家電は、多くが粗大ごみとして捨てることができます。材質としては不燃ごみになりますが、大きさなどが不燃ごみの対象範囲を超えているものが多いからです。そのため、家電を自治体へ回収依頼をするときには不燃ごみとしての扱いになることを覚えておきましょう。ただし、家電の中でも家電リサイクル法で指定のある家電は、粗大ごみの対象にはならないので注意してください。

1-2.家電リサイクル法対象品目4つ

家電リサイクル法に指定がある品目4つについては、粗大ごみとして出すことができません。具体的には、下記のような家電ですね。

  • テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

上記の4品目については、家電リサイクル法に沿って処分を検討してください。

1-3.小型家電リサイクル法対象品目とは

小型家電リサイクル法、についても学んでおく必要があるでしょう。小型家電リサイクル法とは、レアメタルなどの有効活用を行うための法律です。たとえば、携帯電話や携帯ゲーム機などが対象となることを覚えておいてください。小型家電リサイクル法の対象品目は、400種類以上にもなります。実際の回収方法については、自治体によって異なるのでお住まいの自治体に問い合わせてください。

2.自治体の粗大ごみとして家電を捨てる場合を学ぼう

家電を自治体の粗大ごみとして捨てる場合について、学びましょう。粗大ごみとして出すときにも、独特の注意点がありますよ。

2-1.粗大ごみの対象となる家電について

粗大ごみの対象となる家電は、まず家電リサイクル法で指定の無い種類であることが大前提となります。また、家電の中でもサイズや用途・素材によっては粗大ごみではなく、不燃ごみとしての扱いになることもあるでしょう。どのように区別するかという点については、自治体の指示に従ってください。

2-2.粗大ごみとして家電を出す場合の手順

粗大ごみとして家電を出す場合は、自治体の指示に沿って手順をふんでください。多くの場合では、まず家電の回収依頼を「粗大ごみ」受付窓口」に連絡することから始まります。回収依頼の受付が済むと、回収日時や回収方法の指定があるでしょう。自治体で指示のあった内容どおりに、粗大ごみを出してください。なお、より細かな方法や処理の順番にかんしては自治体によって異なります。お住まいになっている自治体のやり方を、守ってくださいね。

2-3.粗大ごみとして家電を出すことのメリットとデメリット

家電を粗大ごみとして出すときは、どのようなメリットやデメリットがあるのか確認しておきましょう。

2-3-1.粗大ごみとして家電を出すことのメリット

粗大ごみとして家電を出すことのメリットは、気楽に処分できる点でしょう。また、少量ならば1点あたり数百円程度の費用で済みます。粗大ごみとして出す場合は、壊れていても回収してもらえる点もメリットと言えるでしょう。

2-3-2.粗大ごみとして家電を出すことのデメリット

まず、家電リサイクル法に指定のある家電は粗大ごみとして出すことができない点ではデメリットと言えます。また、回収日時の指定があるので自分の希望する日時に処分をしたい人には向いていません。また、粗大ごみを回収依頼するときには、自治体が指定する「粗大ごみ回収券を」貼り付けるという手間が掛かるのもデメリットでしょう。

3.家電リサイクル法対象品目の処分方法を解説

それでは、家電リサイクル法で対象品目となっている家電の処分方法を解説していきます。法律に沿ってきちんと処分するためにも、しっかり学んでおきましょう。

3-1.家電販売店による下取りや引き取りを利用する

家電リサイクル法に指定のある家電は、家電販売店による下取りや引き取りを利用する方法が主力となるでしょう。特に、買い替えのタイミングでの下取りや引き取りは、さまざまな面でメリットがあります。買い替えのタイミングで古い家電の処分を検討している場合は、選択肢のひとつとして考えて良いでしょう。

3-2.家電メーカーによる下取りや引き取りを利用する

家電メーカーによる下取りや引き取りを利用することも、ひとつの方法として覚えておきましょう。家電リサイクル法に指定のある家電については、メーカーが責任を持って回収・リサイクルする義務を負うことになっています。回収依頼を望む場合は、メーカーの回収窓口に連絡して下取りや引き取り日時・方法の指定を受けましょう。

3-3.家電販売店やメーカーに下取りや引き取りを依頼するメリット・デメリット

家電販売店やメーカーに下取り、もしくは引き取りを依頼する場合には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。失敗しないためにも、確認しておいてください。

3-3-1.家電販売店やメーカーに下取り・引き取りを依頼するメリット

買い替えと同時のタイミングで下取りや引き取り依頼ができる点が、家電販売店やメーカーに依頼する大きなメリットと言えるでしょう。買い替えの場合は、特典として下取り査定金額分の割り引きになったり、引き取り料金が無料になったりすることもあります。また、家電販売店やメーカーへの依頼は、心理的に安心という点もあるでしょう。

3-3-2.家電販売店やメーカーに下取り・引き取りを依頼するデメリット

家電販売店やメーカーに依頼するデメリットとしては、指定品目や特定メーカー以外の下取りや引き取りが不可能な場合もある点を挙げることができます。特にメーカーの場合は、自社製品だけを下取りや引き取りの対象としている場合が多いでしょう。家電だったら何でも下取りや引き取り対象になるわけではない、と覚えておいてください。

4.リサイクルショップを利用して処分する方法

家電を処分するときには、リサイクルショップを利用する方法も考えておきましょう。正常に動作してまだ使うことができるものは、買い取ってもらうことも可能です。

4-1.まずは家電を買い取りしてくれるところが条件

リサイクルショップを利用するときは、家電を買い取りしていることが条件となります。中には、家電は買い取りの対象外としているところもあるので注意しましょう。また、できれば家電の買い取り実績が豊富なリサイクルショップを選んでください。少しでも高く買い取りをしてもらうためにも、実績が豊富にあることはひとつの目安となるでしょう。

4-2.家電をリサイクルショップにリセールする場合

家電をリサイクルショップにリセールする場合は、リサイクルショップに直接持ち込んだり、査定に来てもらったりすることになるでしょう。まずは、リセールしたい家電が買い取り対象になるかどうかを確認してください。実際に、内容を聞いて納得した場合は、買い取ってもらいましょう。家電の買い取り金額については、リサイクルショップによって違いますので複数のショップに相談すると良いですよ。

4-3.家電をリサイクルショップにリセールするメリットとデメリット

家電をリサイクルショップにリセールすることにも、メリットとデメリットの両方があります。後悔しないためにも、メリットとデメリットをしっかり学んでおきましょう。

4-3-1.リサイクルショップにリセールするメリット

リサイクルショップにリセールするメリットは、まだ使える家電について欲しい人の手に渡すことができる点でしょう。資源の有効活用、という点からしても理想的ですよね。また、リセールによってお金が手に入ることも大きなメリットと言えるでしょう。

4-3-2.リサイクルショップにリセールするデメリット

リセール対象になる家電ばかりではない、という点が大きなデメリットと言えるでしょう。リサイクルショップにリセールするためには、動作保証が必要になります。リサイクルショップは、基本としてリセールになった家電を中古品として再販することになるでしょう。再販となると、正常に動くという条件が重要になるのです。こちらが売りたくても、買い取り不可となることが多いことも承知しておいてください。

5.家電の回収には不用品回収業者を利用しよう

不用になった家電の回収は、不用品回収業者を利用すると便利です。ここでは、不用品回収業者を利用する方法を解説しましょう。

5-1.不用品回収業者で回収できる家電の種類

不用品回収業者で回収できる家電は、ほぼすべての種類になるでしょう。もちろん、家電リサイクル法に指定のある種類も含みます。新品に近い状態の家電製品は、買い取り対象になることもあるでしょう。また、古かったり故障していたりしても、回収自体は問題ありません。1回の回収依頼で、複数の種類の家電を回収してもらうことも可能ですから、便利ですよ。

5-2.不用品回収業者の選び方をズバリ伝授

不用品回収業者の選び方について、伝授することにしましょう。不用品回収で嫌な思いをしないためにも、しっかり学んでください。

  • 家電の回収にかんして豊富な知識と実績を持っていること
  • 見積もりを素早く無料で行ってくれること
  • 回収費用が妥当な金額であること
  • 希望日時や場所からの回収が可能なこと
  • スタッフの対応が親切で感じが良いこと
  • 損害賠償保険に加入していること
  • 利用者からの評判が良いこと

良い不用品回収業者を選ぶためにも、頭に入れておいてくださいね。

5-3.不用品回収業者に家電の回収を依頼するメリット

不用品回収業者に家電の回収を依頼するメリットは、回収対象の家電の種類が多いことを挙げることができます。もちろん、家電リサイクル法に指定のある4品目も問題無いでしょう。また、家電リサイクル法で指定の無い家電であっても、回収は可能です。さらに、壊れていても大量であっても、柔軟に対応してもらえる点が大きなメリットとなるでしょう。さらに、指定日時に回収が可能な点もメリットであることを覚えておいてください。

5-4.不用品回収業者に家電の回収を依頼するときの料金

不用品回収業者に家電の回収を依頼する場合は、回収費用が掛かると考えておいてください。料金がどのくらい必要になるかについては、回収依頼をする家電の大きさや量、回収場所の条件などにより異なります。まずは、無料の見積もりを利用しておおよその料金を出してもらうと良いでしょう。

5-5.不用品回収業者に家電の回収を依頼するときの方法

不用品回収業者に家電の回収を依頼するときは、まず見積もりを依頼することから始めてください。見積もりの段階では、無料の業者も多いので安心ですね。見積もりを依頼するときには、回収依頼を予定している家電の情報や、回収を希望する日時、回収場所などを細かく伝えてください。また、業者からの見積もり内容を見て、納得してから契約することが大切です。見積もり内容に不明な点があるときは、うやむやにしないで確認しましょう。最終的に、見積もり内容に納得してから契約をしてください。

5-6.家電の無料回収業者には注意すること

最近は、巡回車を使って家電の無料回収を謳(うた)っている業者もいます。しかし、家電の無料回収業者には十分に注意をしてください。無料で家電を回収するためには、理由が必要です。また、中には、見積もりは無料でも回収費用は別に取るところもあるでしょう。また、家電の回収だけでなく無理やりほかのものも回収していく業者もいます。無料で家電を回収してくれること自体は、皆さんにとってもありがたいことでしょう。しかし、悪徳業者である可能性も高いのですぐに飛び付くことはやめてくださいね。

5-7.家電の回収でおすすめの不用品回収業者をご紹介

では、家電の回収でおすすめの不用品回収業者をご紹介しましょう。家電の回収を依頼するのですから、家電の回収に対して豊富な実績があることが重要なポイントとなります。

5-7-1.ダストマン回収センター

たとえば、ダストマン回収センターなら安心でしょう。ダストマン回収センターでは、ホームページから無料の見積もり依頼をすることもできます。今なら、無料見積もりから契約に至った人には回収費用から1,000円割引になる点も見逃すことができません。365日年中無休で、皆さんの都合の良い日時に回収を依頼することも可能。低価格ながらも、サービス内容を考えるとコストパフォーマンスの良さも注目して欲しい点です。家電の回収で後悔しないためにも、ダストマン回収センターの利用をぜひ検討してみてください。

ダストマン回収センター

5-7-2.パソコン処分本舗

また、パソコンの処分を同時に考えている場合は、パソコン処分本舗もおすすめです。パソコン処分本舗では、不用になったパソコンを無料で回収しているところがポイント。デスクトップパソコンやノートパソコン・タブレット端末などを、宅配便で送付するだけで処分できます。さらに、同梱(どうこん)できる家電がある場合は、同梱した家電も同時に回収してもらえる点でも便利でしょう。パソコンやタブレット端末などの情報家電は、内部の個人情報の消去問題があります。パソコン処分本舗では、内部の情報を消去するサービスも扱っているので安心でしょう。なお、パソコンやタブレット端末などは故障していても回収対象になりますよ。

パソコン処分本舗

6.家電の回収でよくある質問を確認しよう

家電の回収で、よくある質問を確認しましょう。実際に、回収を依頼するときにありがちな内容を集めてみましたのでご覧ください。

6-1.無名メーカーの家電でも回収してもらえますか?

家電販売店や、回収依頼をする場合は、無名メーカーのものは対象外のことがあります。詳しくは、回収を依頼しようとする家電販売店に確認をしてください。自治体に回収を依頼する場合も、念のため確認をしたほうが良いでしょう。ただし、不用品回収業者の場合はメーカーを問わずに回収してもらえると考えてください。

6-2.完全に壊れている家電でも問題無く回収できますか?

完全に壊れているものでも粗大ごみに出すことや、不用品回収業者に回収を依頼することは問題無くできます。ただし、リサイクルショップのリセールを希望する場合は、回収不可と考えて良いでしょう。リサイクルショップのリセールは、あくまでも正常に動作する状態の家電が対象となるからです。

6-3.買い取りの対象になる家電にはどんな特徴がある?

買い取り対象になる家電には、条件があります。まず、正常に動作することと新しいことでしょう。正常に動作しないことには、中古品としても売ることができませんからね。また、新しい家電でも汚れが目立つと買い取り対象にならないこともあります。買い取りしてもらいたい家電は、きちんと掃除をしてきれいにした状態で査定に出しましょう。

6-4.家電を不用品回収業者に売った後はどうなるのですか?

不用品回収業者で回収した家電は、状態が良くて新しいものは中古品としての販売経路をたどるでしょう。また、古すぎたり故障していたりするものにかんしては、分解してパーツ単位でリサイクルへの道を考えることになります。きちんとした業者は、皆さんから回収した家電について責任を持って処分していますので安心してください。

6-5.家電の回収にかんする苦情はどこに言えばいいですか?

家電の回収にかんする苦情については、基本として回収を依頼した先の相談窓口に伝えることになります。たとえば、粗大ごみとして自治体に回収を依頼している場合は、自治体の相談窓口に苦情を伝えましょう。家電販売店やメーカー、リサイクルショップ、不用品回収業者の場合もそれぞれの相談窓口に連絡してください。参考に、悪徳業者の被害を受けた場合の連絡先として、国民生活センターの消費者相談窓口一覧ページへのリンクを載せておきます。特に悪質な業者については、国民生活センターの消費者相談窓口に連絡して対応してもらいましょう。

国民生活センター消費者相談窓口一覧

まとめ

家電を処分するにも、さまざまな方法があることをおわかりいただけたことでしょう。家電の中でも、家電リサイクル法で指定のある種類は粗大ごみに出すことはできません。また、まだ使用できる状態だったり、新品に近い状態だったりするものは、リサイクルショップにリセールするなどの方法も検討できるでしょう。しかし、古い製品だったり故障していたりするものは、不用品回収業者に回収依頼をした方がお得な場合があります。家電の処分を考えている皆さんは、記事を繰り返し読んで処分方法をじっくり検討してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由