廃品回収業者とのトラブルを防ぐ! よくあるトラブルと業者の選び方

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

たくさんの不用品があるときに、利用すると便利なのが廃品回収業者や不用品回収業者です。けれども、最近では業者とのトラブルが問題として取り上げられたり、悪質業者の増加がニュースになったりしているので利用を迷っていませんか? 確かに悪質な業者もいるのですが、不用品の回収・処分をおまかせできるサービスの存在は魅力的ですよね。利用者がきちんと知識を持ち、信頼できる業者を選べば安心して回収を依頼できます。そこで、そもそも廃品回収業者とはどのような仕事をするのか・悪質な業者とのトラブル例・トラブルを防ぐ方法などをご紹介しましょう。

  1. 廃品回収業者とは
  2. 廃品回収業者とのトラブルについて
  3. 廃品回収業者とトラブルを防ぐために
  4. 廃品回収業者の選び方のポイント
  5. 廃品回収業者〜よくある質問〜

この記事を読んでいただければ、信頼できる業者を選べ安心して不用品の回収を依頼できます。ぜひお役立てください。


1.廃品回収業者とは

廃品回収業者とのトラブルに巻き込まれないためにも「廃品回収業者とはどのような仕事をするのか」という基礎知識を学びましょう。

1-1.廃品回収業者について

「廃品回収」とは、資源として活用できる廃品を「再生目的で回収すること」を指します。回収の対象になるのは、新聞紙やダンボールなどの「紙資源」やガラスびん・タイヤ・古着・古布などが中心です。今までは、これらを回収する人を「廃品回収業者」と呼んでいました。

けれども、最近では不用な家具や家電・日用品・雑貨・自転車ほかさまざまなものを回収する業者が増え、一般的には「不用品回収業者」とも呼んでいます。また、環境省では「不用品回収業者」の名前で統一しているので覚えておきましょう。

1-2.廃品回収業者を利用するメリット・デメリット

引っ越しや年末の大掃除、断捨離などを行うとたくさんの不用品が出ます。自治体の燃える・燃えないゴミで処分できるならいいのですが、大きなものになると粗大ゴミの手配をしなければなりません。粗大ゴミセンターに電話をして回収日の予約をし、有料処理券を購入して粗大ゴミに貼り、回収日当日に回収場所に出さなければならないのです。ひとつならまだしも、複数あると非常に面倒な作業になってしまいます。

廃品回収業者に依頼すれば1度に回収してもらえるので手間がかかりません。また、粗大ゴミの場合は、自分の都合がいい日に回収を指定できませんが、業者の場合はこちらの都合に合わせてくれるのもメリットです。さらに、1人暮らしの女性や高齢者など、大きな粗大ゴミを回収場所まで自力で運べない人たちも業者を利用すると便利でしょう。

デメリットは、廃品回収業者の中には悪質な業者もいるので信頼できる誠実な業者をしっかりと選ぶ必要があることです。

1-3.最近の傾向

昔の「ちり紙交換」業者は、一般家庭から古新聞・古雑誌・ボロ切れ・ダンボールなどを回収し、ちり紙やトイレットペーパーと交換していました。このような業者は時代の流れとともに少なくなり、現在の廃品回収業者は不用品回収業者とも呼ばれ、回収する対象品も幅広くなっています。また、回収方法も昔のように、トラックで回収するのではなく、店頭・宅配・出張による回収が主流になりました。また、業者によっては、回収時に買取可能な製品を買取することもあります。