引越し前の断捨離のコツとは?不用品の処分方法と断捨離の重要性について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

引越しを順調にすすめるためには“断捨離”が大きなポイントになります。
要らないものをすべて処分しなければ、新居でものがあふれてしまうでしょう。
気持ちよく新生活をスタートするためにも、引越しで不用品を処分してください。
そこで、引越し前の断捨離のコツや断捨離のメリット、不用品の処分方法について説明します。

  1. 引越し前の断捨離のコツ
  2. 断捨離のメリット
  3. 不用品の処分方法
  4. まとめ

1.引越し前の断捨離のコツ

なかなか断捨離ができない人でもコツをつかんでおけば断捨離ができます。
引越しがスムーズにできるかどうかは、引越し前の断捨離にかかっているでしょう。
断捨離ができない人は、コツをつかんでくださいね。

1‐1.「要るもの」と「要らないもの」にわける

引越しは断捨離をするチャンスです。チャンスを上手に生かしましょう。
引越しにおける断捨離のコツは「要るもの」と「要らないもの」にわけることです。
今持っているすべてのものを「要るもの」と「要らないもの」の2点にわけておきましょう。
そして、要らないものを断捨離するだけでOKです。
しかし、すべて要らないものにわけてしまうと意味がありません。
「いざというときのために保管する」のではなく、「今必要なもの」だけ残してください。
どうしても迷った場合は、「迷ったもの」に分類しておきましょう。
そして、後で再び考えてみてください。冷静になれば、“必要ない”と判断できるでしょう。
また、好きかどうかでわけるのも1つのコツです。

1‐2.アイテムごとに断捨離をすすめる

「引越し前に断捨離しなければ…」と焦っていませんか?
焦ってしまっては、スムーズに断捨離ができないものです。
引越し前の断捨離に焦りは必要ありませんよ。
一気に片づけようとはせず、アイテムごとに断捨離をすすめてください。
食器、本、雑誌、洋服などアイテムごとに整理をすればスムーズにいくものです。
毎回、断捨離で失敗している人はアイテムごとに荷造りをすすめていきましょう。
そして、アイテムによって「要るもの」「要らないもの」にわけてくださいね。
断捨離をしようとはせずに、今あるものを片づけることに意識すると良いでしょう。

1‐3.1年以上使っていないものは捨てる

引越し前の断捨離のコツは、“1年以上使っていないものを捨てる”ことです。
1年以上使っていないものは新居にもっていっても使いません。
新居に使わないものをもっていってしまえば、いずれ邪魔になってしまいます。
よって、1年以上使っていないものはすべて捨ててください。
また、引越しをするときは新居のレイアウトについて考えるでしょう。レイアウトに合っているかどうかも、断捨離をする1つのコツです。
たとえば、家具の中には統一感のないものもありますよね。
新居のレイアウトに合っていない家具は使わないので処分してください。
処分するのがもったいない場合は、欲しがっている人に譲ると良いでしょう。
欲しがっている人に使ってもらえるのなら、気持ちよく処分ができるものです。

12