物を減らすとこんなに変わる!持たない暮らしの効果やメリットは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

物を大切にするのはいいことです。でも、ほしいからって衝動的に買いこんだりしていませんか?これでは、お部屋の中は物であふれてしまいます。物を減らすには、減らし方だけを知っていてもムリです。減らすことによって、どんな暮らしが得られるのかを知ることが大切だと思います。持たない暮らしには、いったいどんな効果やメリットがあるのでしょうか。

  1. 物が減らせない人の特徴
  2. 持たない暮らしのメリット
  3. 物を減らすためのポイント
  4. 不用品の処分方法

1.物が減らせない人の特徴

物を減らせない人には、いくつかの特徴があります。ここでは、物が増える4つのパターンを紹介しながら、なぜ、物が減らせないかを考えてみましょう。心当たりのある人は多いはずです。

1-1.衝動買いしてしまう

物が増える人たちの典型的なパターンです。お店の売り場を歩いていたら、思わず魅入られて衝動買いしてしまいます。通販やネットオークションでの衝動買いも多くあるようです。ちょっと冷静になれば、購入しないで済むはずなのに、勢いで購入してしまっています。そういうタイプの人は、捨てるのが苦手です。

1-2.新しい物を購入しても、古い物を捨てない

新しい物を購入しても、「もったいない」とばかりに、古い物を捨てるのを惜しんでしまいます。結局は、使うこともなく、お部屋の中に置いたままです。使わないなら、誰かにあげるなど有効利用の方法はあるのに、そういうことにもあまり関心がありません。

1-3.不用品なのに捨てない

自分でも不用品だと思っているのに、どういうわけか捨てる行動に移せない人もたくさんいます。部屋のインテリアだと強弁する人もいれば、自分のライフタイルに転嫁するケースも。困ったものです。

1-4.何を捨てていいかわからない

捨てられない人の特徴として、捨てる残すの判断がうまくできない人もいます。特に、使える物の場合、「いつか使うかも」と残しているパターンです。ほとんどは使うことなく、そのままになっています。思いきって処分してもいいのに、どうしても踏み切れません。

12