ガラケーの捨て方にお悩みの人必見! 上手な処分方法5つのポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

新しい携帯電話に変えるたびに取っておいた古いガラケーがたまってしまった……という人は少なくないでしょう。友人のアドレスなど個人情報も入っているし、大切な写真データも入っているので簡単に捨てることはできないですよね。そこで、不要になったガラケーの捨て方や処分にお悩みの人に向けて、以下の情報をまとめてみました。

  1. ガラケーの捨て方について
  2. ガラケーは買い取りしてもらえるか
  3. ガラケーの無料回収について
  4. ガラケーを捨てる前の注意点
  5. ガラケーの捨て方〜よくある質問〜

この記事を読むことで、今お手元にある古いガラケーの正しい処分方法が分かるでしょう。ぜひお役立てください。


1.ガラケーの捨て方について

ガラケーを処分する前に、「ガラケーの基礎知識」を学びましょう。

1-1.ガラケーとは

「ガラケー」とは、「ガラパゴス携帯電話」を省略した呼び方で、スマートフォン以前の古い携帯電話のことです。ガラパゴスとは、東太平洋の赤道下にあるエクアドル領の島々のことで、外部とは隔離された中で独自の進化を遂げてきたといわれています。日本の携帯電話も、海外のものと比較して「独自の機能」(※1)が発達してきたため「ガラパゴス携帯電話」と呼ばれるようになったのです。
ガラケーという呼び方は「古臭い」「遅れている」というニュアンスも込めて使われています。しかしながら、最近では、スマートフォンは電池の消費量が多い・コストが高いなどの理由からガラケーが見直されているのです。そのため、ネガティブなニュアンスがない「フィーチャーフォン」とも呼ぶようになっています。また、ガラケーとスマートフォンを2台持ちする人も増えているのです。

※1 独自の機能:おサイフケータイ・ワンセグ・赤外線通信など

1-2.ガラケーを捨てる方法とは

不要になったガラケーは、どのようにして捨てればいいのかご存じですか? 捨て方がよく分からないので、引き出しに複数個ためている……という人も少なくないでしょう。正しい方法をご紹介します。

1-2-1.そのまま捨ててはいけない

ガラケーは資源としてリサイクルできる製品です。そこで、2013年から始まった「小型家電リサイクル法」に基づき、自治体が回収するようになりました。役所や大型スーパーなどに設置した「小型家電回収ボックス」に入れる・決まった日に回収コンテナに入れてもらうなど、自治体によっていろいろな回収方法があります。うっかり燃えないゴミなどに出さないように、お住まいの自治体のホームページでご確認ください。ただし、リサイクルを行っていない自治体もあるので注意が必要です。

1-2-2.販売店での回収

携帯電話の販売店では、古いガラケーの回収を行っています。たとえば、ドコモではブランド・メーカーを問わず回収し、個人情報を保護するために「携帯電話破砕工具」を使い、目の前で処理しているのです。ソフトバンクやauなどでも同様のサービスを行っています。詳細は、各携帯電話キャリアのホームページでご確認ください。

1-2-3.回収業者に依頼

ガラケーの処分は、不用品回収業者に依頼することもできます。古い家電・小型家電を回収しリサイクルを行っている業者なら、ガラケーに含まれている有効な金属を再活用してもらえるでしょう。回収業者の利用方法や選び方などは後の項で詳しくご説明します。

1-2-4.充電器や電池などの付属品について

ガラケーの充電器や電池パックなどは、基本的には販売店で処分してもらえます。もしくは、「1-2-1.そのまま捨ててはいけない」でご紹介したように自治体の「小型家電回収ボックス」に入れるなどの方法で処分もできるのです。また、自治体によっては電池回収日を設けているところもあるのでご確認ください。

2.ガラケーは買い取りしてもらえるか

中古のガラケーは買い取りをしてもらえるのでしょうか。できる場合・場所などをご紹介します。

2-1.ガラケーはなぜ買い取り需要があるのか?

「古いガラケーなんて需要はないよね?」と思う人は多いでしょう。けれども、買い取りが可能なこともあるのです。なぜ、古いガラケーの需要があるのか? には、以下の理由があります。

  • 通信料金の高いスマートフォンではなく、使いやすいガラケーに戻る人が増えている
  • インターネットやメールなどはスマートフォンで、通話はガラケーでと2台持ちをする人が増えている
  • 需要はあるのに新機種が出ないので中古品が注目されている

2-2.ガラケーを買い取りしてくれるところ・機種

ガラケーは、中古の携帯電話を買い取りする専門の会社や店で買い取りしてくれます。インターネットで買い取り査定を行っているところもあるのです。買い取り可能な機種は、業者によっても異なります。大体の業者では100円単位の買い取り金額ですが、古い・水没・壊れた携帯電話でも買い取りが可能です。ただし、不正契約や不正入手の可能性があるもの(遠隔ロックサービスがかかっているなど)の買い取りは断られるでしょう。人気機種やブランドとコラボレーションした製品など、レア物の場合は、数千円〜数万円で売れることもあります。

2-3.注意点

携帯電話の買い取り業者を選ぶときには、きちんとした業者かどうかホームページの会社概要などを確認してから利用しましょう。また、業者によって買い取り金額も異なります。事前に、複数社から見積もりを取るほうがおすすめです。

3.ガラケーの無料回収について

ガラケーの無料回収をする業者についてご説明しましょう。

3-1.無料回収業者について

「1-2-3.回収業者に依頼」でも触れたように、中古のガラケーは不用品回収業者でも回収してもらえます。「携帯電話会社の販売店による無料回収とどう違うの?」と思う人もいるでしょう。不用品回収業者の場合は、古い携帯電話だけではなくパソコンやタブレット、パソコン周辺機器などいろいろな製品を回収してくれるのがメリットなのです。また、自分で不用品を仕分けして処分する必要がありません。業者が1度に引き取ってくれるので、引っ越し・断捨離・大掃除などのときに便利です。

3-2. 業者選びのコツ

不用品回収業者はインターネットで検索するとたくさん見つかります。業者を選ぶときには、以下のポイントをチェックしてください。

  • 中古の携帯電話を回収している
  • 宅配回収を行っている(店頭に出向く必要がない)
  • 宅配回収の場合は送料が無料
  • 無料の相談窓口や問い合わせフォームがある
  • 携帯電話以外にも回収・買い取りを行っている(処分したい不用品が多い場合)
  • 古物商許可番号を取得している

3-3.回収方法・料金

不用品回収業者によって回収方法・料金は異なるでしょう。「パソコン処分本舗」では、不要になったパソコンや周辺機器、小型家電ほかの無料宅配回収を行っています。送料無料対象商品(パソコン・液晶モニターなど)が1点でもあれば、ガラケーなど送料有料対象商品を一緒に箱に詰めて送っても無料になるのです。全国どこからでも対応しています。箱のサイズや重量、送料無料・有料対象製品など、詳細はこちらをごらんください。また、ガラケーだけでしたら、送料だけご負担をいただければ無料で回収します。

3-4.注意点

不用品回収業者を利用するときには、ホームページで会社の所在地・電話番号・メールアドレスなどを確認してください。また、街中を「無料で不用品を回収します」とアナウンスしながら周回している業者の中には、無許可で営業している業者もいます。「無料なので、ガラケーだけではなくほかの家電も回収を依頼したらお金を請求された」など、トラブルが相次いでいるのです。無許可の業者には依頼しないようにしてください。

4.ガラケーを捨てる前の注意点

ガラケーを捨てる前に注意したいことをご紹介しましょう。

4-1.売る前にしておくべきこと

ガラケーを売る前には、以下のことに気をつけましょう。

  • できるだけきれいに掃除をする
  • 充電器などの付属品も用意する
  • 友人のアドレスや写真などのデータはバックアップを取る
  • バックアップ後にはガラケー内のデータをすべて初期化する
  • SDカード・SIMカードを抜く

4-2.データについて

ガラケー内にはたくさんの個人情報が入っています。必ず消去してください。

4-2-1.データ消去の必要性

古いガラケーには、個人情報がたくさん入っています。友人・知人・仕事先などの電話番号や住所、メールアドレス、誕生日などの情報が入っていることもあるでしょう。他人には見せたくない写真などもありますよね。「充電器もないし電源が入らないから大丈夫」と思っている人もいますが安心してはいけません。古いガラケーからデータを引き出す方法もあるのです。必ずデータはリセットするようにしましょう。

4-2-2.データ消去の方法

ガラケー内のデータ消去方法(初期化)は、携帯会社ごとに異なります。各社の公式ホームページや取り扱い説明書でご確認ください。

5.ガラケーの捨て方〜よくある質問〜

ガラケーの捨て方でよくある質問をご紹介しましょう。

Q.ガラケーを買い取り査定に出すときに注意することはありますか?
A.「4-1.売る前にしておくべきこと」でご紹介したように、電話本体をきれいに掃除をしてください。ボタンの周辺やディスプレイの縁など、細かい部分はつまようじや綿棒などを使用しましょう。画面の脂汚れなども落としてください。また、取り扱い説明書・電池パック・充電器・ケーブルなどの付属品もそろえておきましょう。

Q.10年以上前の古いガラケーでも買い取り可能ですか?
A.最近、昔のガラケーを探している人がいるので機種によっては買い取り対象になることもあります。複数の業者に相談してみましょう。

Q.ガラケーに含まれている「リサイクル可能な金属」とはどのようなものですか?
A.ガラケーにはさまざまな種類の金属が含まれています。

  • カメラ:銅・ニッケル・金
  • スピーカー:鉄
  • ボタン電池:銀・亜鉛
  • 液晶:インジウム・スズ
  • 振動モーター:ネオジウム

このほかにも、パラジウム・バナジウム・ジルコニウム・タンタル・クロムなども使われています。

Q.使わなくなったガラケーを、子どものおもちゃとして与えていますが大丈夫でしょうか?
A.通話やメールができなくなっているガラケーであれば、間違えてどこかに電話がかかったりメールを送ったりすることもないので大丈夫です。ただし、ガラケー内のデータを初期化していないようでしたら、お子さんが外で落としたりしないように気をつけてください。初期化をしてデータを消すか、電源が入らず初期化できないなら家の中だけで遊ばせるほうがいいでしょう。

Q.ガラケーのほかにも不要なタブレットなどをまとめて処分したいのですが?
A.「パソコン処分本舗」では、パソコンやタブレットなどの「無料回収対象製品」が1つでもあれば、そのほかの「有料回収対象製品」も無料で宅配回収します。当社規定サイズの箱に入るだけ不用品を詰めて、着払いで送るだけです。1度に不用品を無料で処分することができます。詳しくはこちらをごらんください。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。不要になったガラケーのリサイクル・処分の方法がお分かりになったかと思います。ガラケーは最近需要が高まってきたので、機種によっては売れる可能性もあるのです。処分方法は、販売店・自治体回収・専門業者の買い取り・不用品回収業者に依頼などがあります。自分にあった方法を選んでください。不用品回収業者に依頼すれば、ガラケーだけではなくほかの不用品もまとめて処分できます。すべて無料で処分することも可能な「パソコン処分本舗」をぜひご利用ください。