スマホが水没した場合はこのように対処しよう!!復活できるかも!!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電話以外にもさまざまな機能がついたスマートフォン。(以下、スマホ)
仕事やプライベートのデータをすべて入れている方も珍しくないでしょう。
ところで、スマホが壊れる原因の第1位は水没です。
水没したスマホは起動もできなくなり、データも失われてしまうかもしれません。
しかし、対処の仕方によってはデータだけでも救出できることもあるのです。
そこで、今回はスマホを水没させた際の対処方法をご紹介します。
いざ、というときのために知っておくと便利なことばかりですよ。
ぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. スマホが水没する意外な原因とは?
  2. スマホが水没したらまず行うこととは?
  3. スマホを復活させる方法とは?
  4. スマホが復活しても油断しないこと
  5. ​おわりに

1.スマホが水没する意外な原因とは?

スマホの水没というと、お風呂やトイレなどに落とすというイメージがあります。
しかし、これ以外にも意外なことが原因で、スマホが水没したのと同じ状態になってしまうことがあるのです。
この項では、スマホが水没状態になる意外な原因をご紹介します。

1-1.赤ちゃんがなめてしまった

赤ちゃんは、スマホや携帯電話が大好きです。
また、赤ちゃんは気に入ったものをしゃぶったりなめたりすることも多いでしょう。
赤ちゃんのだ液は大人よりも量が多いので、なめ方によっては内部にたくさんの水分が入り、水没したのと同じ状態になるのです。

1-2.汗にぬれた

暑くなると、服が汗でぬれることも珍しくありません。
特に、ワイシャツやTシャツ、ポロシャツなどは綿製のものが多いので汗をよく吸います。
そんな洋服のポケットにスマホを入れていると、汗にぬれて水没状態になる場合があるのです。
汗っかきの人や汗をたくさんかきそうな日は携帯電話をバッグに入れておきましょう。

1-3.雪の上に落とした

雪も水分であることには変わりありません。
落としたときは何ともなくても、時間がたって雪が溶けてくると内部に水が入りこんで水没状態になる場合もあるのです。
雪の上にスマホを落とした場合は、雪をしっかりと落としましょう。

1-4.ぬれた手で触った

お風呂上がりや調理中など手がぬれている状態でスマホを触ると、内部に水が入って水没状態になることがあります。
急いでいても、手をしっかりと拭いてからスマホを触りましょう。

12
はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

不要になったPC・家電を無料で処分したい方必見

この記事の読者におすすめの記事

    ※関連記事はありません。