来年もまた使える?シーズン中に使えなかった灯油の処分方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

風さえも凍りつくように冷たく感じる冬。この時期の必需品といえば、お部屋を一気に暖めてくれる暖房器具ですよね。寒い戸外から帰ったら、何はなくてもまずはお部屋を暖かくしたいもの。
最近では、オール電化の影響で人気が下火になっていた灯油のストーブが、再注目されています。レトロでおしゃれ、そして、持ち運びが便利で速暖力があるのが人気の理由といえるでしょう。
しかし、季節の変わり目に悩むのが、余ってしまった灯油の処理。ここでは、使い切れなかった灯油の捨て方について解説していきます。

  1. ちょっと待って!その捨て方間違っていませんか?
  2. 少量の灯油が余った時の処分方法
  3. 大量に余った灯油の処分方法
  4. ​本当にダメ?年越し灯油の安全性

1. ちょっと待って!その捨て方間違っていませんか?

灯油の捨て方がわからないからといって、深く考えずに処分してはいけません。ここでは、うっかり間違いがちな灯油の捨て方について、具体的な例をあげてみましょう。

1-1. 灯油のプラスチック製タンクごと可燃ゴミとして捨てる

燃えるごみの袋は、地域によって差はありますが、目安として一番小さいもので10リットル、最も大きいもので45リットルのものが一般的です。そこで、灯油は燃えるゴミのはず…という自己判断のもと、プラスチック製タンクごとゴミ袋にいれて捨てるのは間違い。たしかに、灯油は燃える資源ですが、プラスチック製タンクごとの投棄は、家庭用のゴミとして自治体から認められていません。

1-2. 土に穴を掘って埋める

油は土に捨てることによって微生物による分解が可能ですが、その分解速度には限りがあります。分解する過程で腐敗が始まり、悪臭を放つ場合も。また、空気中の酸素や湿気、微生物などの作用により、生物環境に影響が出てしまうケースなども考えられ、灯油の処分方法としてはNGです。

1-3. 下水に流す

下水道のシステムは、雨水や家庭から出た汚水の病原体を消毒するなど、私たちが安全かつ衛生的に暮らせるように重要な役割を果たしています。灯油が余ったからといって下水に流すと、下水管の中で油が固まってしまい、管を詰まらせてしまうことに。そのため、油分を大量に含んだ汚水が流れ続けると、下水管自体が閉塞し、環境保全に影響を及ぼしかねません。

12