ミニマライフに憧れる!ミニマリストになるメリット・デメリットは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

持ち物を必要最小限に減らし、シンプルな生活を楽しむ「ミニマリスト」。ミニマリストの生活は「ミニマライフ」と呼ばれ、憧れる人が急増中です。モノを必要最低限しか持たないミニマライフの生活とは一体どのようなものなのでしょうか?今日は、ミニマリストのやり方3つのポイントとミニマライフのメリットデメリットについてご紹介します。

  1. ミニマリストの考え方
  2. ミニマライフのメリット・デメリット
  3. ミニマリストのやり方3つのポイント
  4. 不用品の処分方法
  5. まとめ

1.ミニマリストの考え方

ミニマリストとは、「最低限主義者」という意味です。無駄なモノを極限まで削り、自分が必要だと思うものだけ厳選し、すぐに旅行に行けるくらいの身軽さを重視しています。ミニマライフの目的は、時間の余裕や心の豊かさを手に入れることで、単にモノを減らすだけではありません。「あれが欲しい」「これが欲しい」とキリのない欲求は、モノを所有するだけでは決して満たされないことをミニマリストは知っています。

1-1.生活も持ち物もシンプル

ミニマリストの服装や持ち物は非常にシンプル。本は電子書籍、新聞やスケジュール管理もスマートフォンのアプリで済ませ、パソコンさえあれば、世界中どこでも仕事ができる環境を整えているミニマリストも少なくありません。便利な機能を最大限に活用し、シンプルで合理的な生活を楽しんでいます。

1-2.モノに執着しない

ミニマリストは、誰かが持っているからとか、持っていないとカッコ悪いとか、そういう虚栄心や嫉妬などでモノを購入し所有することはありません。大量消費の現代では、モノを所有することで心が満たされるような錯覚に陥りがちです。消費や浪費を続け、生産性のないことに時間を奪(うばわ)れる毎日に疲れてしまう人も多いでしょう。モノへの執着を捨て、ネガティブな感情から心が解放されることで得られる精神的余裕を何よりも重視しています。

12