引っ越し準備のコツとは? 必要な準備や手続きをすべて紹介します!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「引っ越しの準備について知りたい」という人は多いでしょう。引っ越し前後にはやるべきことが山積みです。特に初めて引っ越しを経験する場合、どんな手続きが必要で、何から手をつけていけばよいのかわからない人も多いのではないでしょうか。いつまでにどんな準備が必要なのか、スムーズにすすめるためのコツは何なのか、知っておくことをおすすめします。この記事では、引っ越しの準備についてまとめてご紹介しましょう。

  1. 引っ越しの準備について
  2. 引っ越し準備、1か月前までの手続き
  3. 引っ越し準備、1か月~2週間前までの準備
  4. 引っ越しの1週間前までにしておく各種手続き
  5. 引っ越し前日までにしておく準備
  6. 引っ越し当日にやるべきこと
  7. 引っ越し後のチェックリスト
  8. 引っ越し準備のワンポイントアドバイス
  9. 引っ越し準備に関するよくある質問

この記事を読むことで、引っ越しの準備をスムーズにすすめることができるはずです。ぜひ参考にしてください。


1.引っ越しの準備について

まずは、引っ越しの流れや各種手続き・荷造りなどについてご紹介します。

1-1.引っ越しの流れ

引っ越しの大まかな流れは、以下のとおりです。

  • 新居の決定
  • 引っ越し業者に見積もり依頼
  • 引っ越し業者の決定
  • 荷造り
  • 各種手続き
  • 引っ越し当日
  • 引っ越し後の各種手続き

1-2.準備の必要性、いつから

新居での生活をはじめるにあたって、準備しておかなければならないことはたくさんあります。準備において最も時間がかかるのが「荷造り」です。少なくとも引っ越しの1か月~2週間前には、荷造りを開始するようにしましょう。手続きについても、いつからいつまでの間にしなければならないものなのか、一つ一つ確認しておく必要があります。

1-3.各種手続きについて

引っ越しには手続きがつきものであり、電気やガス・水道をはじめ、転出届や転入届など、たくさんの手続きをしなければなりません。旧住所と新住所の両方で必要になる手続きもあるため、早めに確認しておきましょう。荷造りに追われて忘れがちになってしまいがちですが、新生活をスムーズに開始するためにもしっかりと把握しておいてください。

1-4.荷造りについて

荷造りには意外と時間がかかります。生活に必要なものまで段ボールに詰めてしまうと困るため、よく考えながらすすめていく必要があるでしょう。引っ越し業者によっては、段ボールを無料で提供してくれるところもあります。事前に確認しておいてください。

1-5.スケジュールとチェックリストを作ろう

引っ越し前後にはやらなければならないことが多いからこそ、あらかじめスケジュールを立ててチェックリストを作成しておくことをおすすめします。やるべきことをすべて書き出し、いつ何をやるのか明確にしておいてください。そして、終わったものからチェックしていくようにしましょう。

2.引っ越し準備、1か月前までの手続き

引っ越しの1か月前までにやるべき手続きについてご紹介します。

2-1.不動産業者との手続き

まずは、新居が決定したら不動産会社との契約手続きをしましょう。新居への入居可能な時期がわかりしだい、引っ越し日時を決定します。新居を購入してローンを組んだ場合は、ローンの支払いと家賃の支払いが重複しないよう注意してください。

2-2.旧居の賃貸契約解約手続き

引っ越しの日時が決まったら、旧居の賃貸契約を解約するための手続きを行います。多くの場合は引っ越しの1か月前までに管理会社か大家さんに連絡をすれば、契約を解約できるようになっていますが、念のため賃貸契約書を確認しておきましょう。連絡が遅れると、引っ越しの翌日も家賃を支払わなければならなくなるため、なるべく早めに連絡するようにしてください。同時に、駐車場の解約手続きもしておきましょう。

2-3.引っ越し業者への見積もり依頼

次に、引っ越し業者への見積もりを依頼しましょう。業者によって価格やサービス内容が変わってくるため、複数の業者に見積もりを依頼して比較することがおすすめです。業者選びには思った以上に時間がかかるため、余裕をもって探し始めましょう。

2-4.転校・転入手続き

子供の転校が必要になる場合は、この時期に転校・転入の手続きをしておきましょう。子供が通っている学校に連絡をし、どのような手続きが必要か確認してください。転校の手続きをすると「在学証明書」と「教科書給与証明書」が発行されるため、次の学校に転入するまでなくさないよう注意しましょう。

3.引っ越し準備、1か月~2週間前までの準備

次に、引っ越しの1か月~2週間前までに必要な準備についてご紹介します。

3-1.引っ越し業者の選定

このころには、引っ越し業者を決めておく必要があります。3~4月など引っ越し業者の繁忙期に当たる場合は、できるだけ早く契約しなければほかの予約で埋まってしまうため注意が必要です。曜日や時間帯によっても料金が変わってくるため、よく相談した上で決めてください。

3-2.新居の下見、レイアウト

新居を下見し、実際に自分が住んだ後のことを想像してみることも大切です。どの家具をどこに置くのかなど、大まかなレイアウトも考えておきましょう。そうすることで、旧居から何を持っていくのか、新しく買う必要があるものは何なのかを決めることができます。不要なものを処分する必要もあるため、事前にレイアウトを考えておくことは重要です。

3-3.不用品、粗大ごみの処分

新居に持っていかないものを処分します。大きさによっては粗大ごみ扱いになるため、自治体ごとに捨て方のルールを確認しておきましょう。まだ使える状態のものは、買い取りに出す方法がおすすめです。リサイクルショップや買い取り専門業者を利用して、お得に処分しましょう。

3-4.転居通知

知人や友人・親戚などに出す転居通知は、基本的に引っ越し後1~2か月以内に出すのが一般的です。引っ越し後は何かとバタバタしがちなため、引っ越し前からはがきを用意し、文面やデザインなどを決めておくとよいでしょう。印刷業者に依頼して作成してもらい、投関するだけの状態にしておくこともおすすめです。ただし、引っ越しが年末に近い時期だった場合は、年賀状に引っ越し挨拶文を載せて報告する形でも問題ありません。

3-5.荷造りの開始

荷造りを少しずつすすめていけるように、段ボールなどのこん包資材を用意しましょう。引っ越し業者に段ボールやガムテープなどの無料提供があるのか、あるならどのくらいの量なのかを確認しておいてください。事前に、必要な段ボールの枚数も目安をつけておきましょう。無料提供がない場合や足りない場合は、自分で用意する必要があります。ホームセンターなどで購入するか、スーパーやドラッグストアなどで分けてもらえないか聞いてみるとよいでしょう。

4.引っ越しの1週間前までにしておく各種手続き

引っ越しの1週間前までに必要な手続きについてご紹介します。

4-1.転出届

現在と異なる自治体へ引っ越す場合は、転出届の手続きが必要になります。この手続きによって発行される「転出証明書」は転入先の手続きで必要になるため、しっかりと保管しておいてください。転出届の手続きは、引っ越し日の2週間前から当日までになります。引っ越し直前は忙しくなるため、できるだけ早めに市区町村役場に行って手続きを済ませておきましょう。また、同じ市区町村に引っ越す場合は「転居届」の手続きが必要です。引越し後14日以内に手続きをしてください。

4-2.固定電話

固定電話の移転手続きは、最低でも引っ越しの1週間前には申し込みましょう。固定電話からは、局番なしの「116」にかけると申し込みが可能です。開通工事が必要な場合は予約が必要になるため、早めの連絡をおすすめします。

4-3.電気・ガス・水道

電力会社・水道事業者・ガス会社への連絡も、引っ越しの1週間前には済ませておいてください。領収書や検針票に受付窓口が記載されています。引っ越し当日に担当者が来て、直前までの使用量を確認して精算するという流れです。ガスは開栓するのに係員の立ち会いが必要になるため、引っ越し予定日時と新居の住所を伝えて予約しておきましょう。

4-4.インターネットプロバイダー

現在のプロバイダーを継続して利用する場合は、住所変更手続きが必要になります。手順はプロバイダーごとに異なるため、サポートセンターに連絡しましょう。引っ越しを機にプロバイダーを乗り換える場合は、現在使用しているプロバイダーへの解約手続きをし、新規プロバイダーへ契約手続きをしてください。

4-5.郵便局への転居届

郵便局で転居手続きを行うと、1年間は旧住所あてに届いた郵便物を新住所に転送してもらえます。最寄りの郵便局にある「転居はがき」に必要事項を記入し、ポストに投関するだけで手続きが可能です。

4-6.銀行・クレジットカード・携帯電話などの住所変更手続き

銀行やクレジットカード会社にも住所変更の届け出をしておきましょう。銀行の場合は、必要事項を記入した書類に押印し、窓口などに提出または郵送する方法が一般的です。クレジットカード会社はウェブサイト上で住所変更手続きを行う場合がほとんどなため、確認してみてください。また、携帯電話も電話やインターネットで住所変更手続きが可能です。

4-7.新聞配達・牛乳など配達サービスの住所変更

新聞配達や牛乳などの配達サービスを利用している場合は、こちらも住所変更手続きをしておきましょう。販売店に直接電話をして、引っ越しをする旨と引っ越しの予定日を伝えてください。

5.引っ越し前日までにしておく準備

引っ越し前日までに必要な準備をご紹介します。

5-1.引っ越し前の挨拶

前日には、隣近所や大家さんなどに引っ越しの挨拶を済ませておきましょう。引っ越し作業で騒がしくなることを伝え、お詫(わ)びをしておくとトラブル回避にもつながります。今までお世話になった感謝の意味を込めて贈り物を渡すのが通例です。

5-2.引っ越し準備、業者との確認

引っ越し前日には、最終的な引っ越しの準備確認を済ませておきましょう。荷物や手続きに漏れがないかをチェックしてください。引っ越し業者から最終確認の連絡があるのが一般的ですが、もしなかった場合はこちらから確認の連絡を入れるようにしましょう。

5-3.手持ち品の確認

引っ越し当日すぐに必要になるようなものは、手持ち品として用意しておきましょう。現金や印鑑・通帳・携帯電話などの貴重品をはじめ、着替えや薬・化粧品などはまとめて手持ちのバッグなどに入れておくことをおすすめします。

5-4.冷蔵庫の運搬準備

冷蔵庫は引っ越し前日までに中身を空にし、水抜きをしておく必要があります。冷蔵庫の電源を切り、製氷機内に残っている氷を溶かしておきましょう。そして、蒸発皿にたまっている水を捨てておいてください。ドアを開放したままにし、庫内についている霜も溶かしましょう。安全に運搬できるために、電源コードを冷蔵庫の側面にガムテープでとめておくことも必要です。

6.引っ越し当日にやるべきこと

引っ越し当日にやるべきことをまとめました。

6-1.荷物の運び出し、チェック

歯ブラシやトイレットペーペーなど、当日まで使う生活用品をこん包し、荷物をまとめておきましょう。引っ越し業者が到着しだい、荷物の運び出しがはじまります。荷物の扱いについて注意点がある場合は指示をし、運び忘れがないかチェックしてください。

6-2.旧居の掃除

引っ越し後にはハウスクリーニング業者が入ることがほとんどのため、すべてを完璧にきれいにする必要はないでしょう。しかし、ある程度の掃除をしてから明け渡すのがマナーです。特に水回りなど汚れが目立つ場所は、念入りに掃除をしてください。可能であれば、引っ越し業者の邪魔にならないよう、荷物が運び出されたところから掃除に取りかかると手早く済ませることができます。

6-3.旧居の明け渡し

掃除が終わったら、電気やガス・水道メーターをチェックし、忘れものがないかを確認してから明け渡しをしてください。大家さんや管理会社が立ち会う場合は、部屋の状態を一緒に確認します。

6-4.新居の周辺への挨拶

新居に到着したら、まず周辺への挨拶に行きましょう。マンションやアパートの場合は上下左右の位置に当たる部屋、一軒家の場合は「向こう三軒両隣」に当たるお宅に挨拶に行くのが一般的です。引っ越し作業で騒がしくなることをお詫びした上で、自己紹介をしましょう。

6-5.引っ越し業者との確認、支払い

新居への搬入が済んだらすべて確認をし、問題がなければ支払いをします。支払い方法は業者によってさまざまで、現金による支払いや口座振り込みなどがあるため、事前に確認しておきましょう。現金で支払う場合は、できるだけおつりが出ないように封筒にお金を入れて用意しておくと慌てずに済みます。

6-6.荷解き、片づけ

支払いが済み、引っ越し業者が帰ったら、荷解(ほど)きや片づけを開始しましょう。すぐに使うものから荷解(ほど)きをしていくのがポイントです。当日必要になるものは、カーテンや寝具・洗面用具・トイレ用具・タオル・パジャマ・着替え・調理器具などでしょう。手当たりしだい段ボールを開けてしまうと効率が悪くなるため注意してください。

7.引っ越し後のチェックリスト

引っ越し後に確認するべきチェックリストをまとめました。

7-1.転入届の手続き

旧住所と異なる自治体へ引っ越した場合、新しい住所の市区町村役場に行き、転入届の手続きをしましょう。手続き期間は引っ越し日から14日以内になります。手続きには転出証明書と本人確認書類・印鑑が必要です。

7-2.保険・銀行などの住所変更手続き

国民健康保険や社会保険の住所変更手続きも忘れないでください。社会保険の場合は、勤めている会社に住所の変更を報告するだけで手続き完了です。国民健康保険の場合は、旧住所の役所で「資格喪失手続き」をする必要があるため、転出届と一緒に受け取るようにすると便利でしょう。その後、新住所の役所で「加入手続き」が必要です。銀行口座の住所変更については、引っ越し後すぐに行わなくても今までどおりに使用できます。しかし、銀行からの重要な通知が届かなくなることもあるため、できるだけ早めに手続きを済ませておきましょう。

7-3.転校手続き

新居の住民票を教育委員会に提出し「転入学通知書」をもらってください。転入先の学校に「在学証明書」と「教科書給付証明書」「転入学通知書」を提出すると、手続き完了です。

7-4.転居通知

転居通知のはがきは、遅くても引っ越し後2か月以内には出すようにしましょう。ただし、仕事先の関係者やお世話になった目上の人などには、できるだけ早く出すように心がけることが大切です。また、年賀状と兼用にするのは、10月以降に引っ越した場合だけにすることをおすすめします。

7-5.車関連の住所変更手続き

車関連の住所変更手続きも必要です。運転免許証をはじめ、車庫証明や自動車保険の住所変更手続きをしなければなりません。手続きをする場所についてご紹介しましょう。

  • 運転免許証:新住所を所轄する警察署または運転免許センター
  • 車庫証明:新住所を管轄する陸運局(軽自動車は軽自動車検査協会)
  • 自動車保険:加入している保険会社

7-6.水道・ガス・電気・インターネットの使用開始手続き

水道・ガス・電気・インターネットの使用開始手続きは、以下のように行います。

7-6-1.水道

メーターボックス内の水止め栓を左へ回して開栓してください。備え付けの「水道使用開始申込書」というはがきに必要事項を記入し、投かんすれば使用開始の手続きが完了です。係員の立ち会いは必要ありません。

7-6-2.ガス

ガスの使用開始には係員の立ち会いが必要です。安全点検が行われ、問題がなければ使用が可能になります。作業時間は15~20分程度です。

7-6-3.電気

電気の使用開始には係員の立ち会いが必要ありません。「アンペアブレーカー」「漏電遮断器」「配線用遮断器」の順番につまみを「入」にすると電気が使用可能です。備え付けの「電気使用申込書」に必要事項を記入し、投かんすれば手続き完了になります。

7-6-4.インターネット

一戸建てに引っ越しをする場合は、ほとんどの場合で回線工事が必要になります。マンションなどの集合住宅の場合はすでにインターネット環境が整っているところが多いため、工事が必要ないことが多いのです。事前に管理会社などへ確認をしておきましょう。

8.引っ越し準備のワンポイントアドバイス

引っ越し準備をするにあたって知っておくべきワンポイントアドバイスをお教えしましょう。

8-1.ごみの処理方法について

引っ越しの際には、大量のごみが発生することになります。ごみの種類によって処理方法が異なるため、各自治体のルールを確認しておきましょう。たとえば、ごみの分類方法や粗大ごみの捨て方についても、自治体ごとに違いがあります。まだ使える状態の家電製品などは、リサイクルショップや買い取り業者などに依頼して買い取りしてもらうのがおすすめです。お得に不用品を処分できますよ。

8-2.そのほか

パソコン処分本舗」では、パソコンや液晶テレビなどと一緒に不用品を段ボールに入れて送っていただけると無料で回収いたします。全国どこからでも送料無料で承っていますのでぜひチェックしてみてください。引っ越しを機に不用品を一気に処分するチャンスです。

9.引っ越し準備に関するよくある質問

「引っ越し準備について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q引っ越し業者に依頼する場合、どの時間帯だと安く済みますか?
A.午前便より午後便のほうが安くなるのが一般的です。時間に余裕がある場合、とにかく安く済ませたい場合などは、午後便を依頼したほうがよいでしょう。

Q荷造りのために用意するべきものは、段ボール以外にどのようなものがありますか?
A.新聞紙や布団袋・カッター・はさみ・ガムテープ・ビニールテープ・軍手などを用意しておくとよいでしょう。段ボールの中身を書くときに使う油性フェルトペンもあると便利です。

Q業者に依頼せずに自分で引っ越しをすることは可能でしょうか?
A.もちろん大変な作業にはなりますが、可能です。ただし、車が必要であること、搬入搬出時に壁や床を傷つけてしまうリスクが高まることなど、デメリットがたくさんあるということを覚えておきましょう。

Q引っ越しを機に不用品をまとめて処分しようと思います。不用品回収業者の選び方を教えてください。
A.不用品回収業者は全国にたくさんあります。その中から良心的な業者を選ぶためには、実績の豊富さや許可の有無、見積書の明確さなどをしっかりとチェックした上で選ぶようにしてください。必要な許可を持たずに営業している業者や、事務所の所在地を明記していない業者などは選ばないことをおすすめします。

Qパソコンを処分する際の注意点にはどのようなものがあるでしょうか?
A.パソコンの中には個人情報などのデータが入っています。そのまま捨てると流出してしまう可能性があるため、データを確実に消去してから処分するようにしましょう。「パソコン処分本舗」では、データ消去サービスも行っています。

まとめ

いかがでしたか? 引っ越しの準備について詳しくご紹介しました。引っ越しの際には、思っている以上にやらなければならないことがたくさんあります。いつ、どのような準備や手続きが必要かをしっかりと把握し、一つ一つ確実に済ませていく必要があるでしょう。直前になって慌てることがないよう、ぜひこの記事を参考にして引っ越し準備に取りかかってください。