パソコンの動作が遅い原因は? 対策法と買い替えのポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

使っているパソコンの動作が遅いとイライラしてしまう人は多いでしょう。買った当時はサクサク動いていたパソコンが、使っているうちに遅くなってしまう…。このような悩み、パソコンを愛用している人なら誰でも抱えるものでしょう。そこで、この記事ではパソコンの動作が遅いときの対処法や原因、買い替えのポイントなど、パソコンについての豆知識をご紹介します。動作が遅くなったパソコンのことでお悩みの人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. パソコンの動作が遅くなる原因
  2. パソコンの動作が遅いときの対処法
  3. パソコンを買い替えるタイミングは?
  4. パソコンの処分方法について

1.パソコンの動作が遅くなる原因

パソコンの動作が遅くなってしまう原因には、どのようなものが挙げられるのでしょうか。ここでいくつかパソコンを遅くさせる原因をご紹介します。

1-1.メモリの空き容量が少ない

パソコンによって、持っているメモリの容量はさまざまです。最近のパソコンは容量が大きなものも多いですが、古いものだったり、スペックが高くないものは容量が小さかったりする場合も少なくありません。そのような、容量の少ないパソコンで色々なアプリをダウンロードしたり、データを保存したりしていると、すぐに空き容量が少なくなってしまうので、要注意です。メモリの空き容量が少なくなると、パソコンの動作も遅くなってしまいます。

1-2.アプリケーションやソフトなどが同時にいくつも立ち上がっている

アプリケーションなどが複数同時に立ち上がっていると、パソコンの動作も遅くなります。パソコンのメーカーによっては、最初から入ってるアプリケーションもさまざまで、中にはパソコンを起動したときに勝手に立ち上がるものもあるようです。タスクマネージャーを開いて使っていないものは終了させたり、そのものをアンインストールしたりすると良いでしょう。

1-3.ウィルスに感染している

パソコンが遅くなるというのは、ウィルスに感染したときの症状の1つです。メモリの空き容量も十分あって、複数のアプリケーションも立ち上がっていないのに遅い…という場合は、ウィルス感染を疑ってみましょう。愛用しているウィルスチェッカーを使って、ウィルスに感染しているか確認してみてください。

12