デジタル遺品整理の方法とは?放っておくとトラブルになるかも!!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンが各家庭に普及して、20年近くになりました。
今は、パソコンを使いこなしている高齢者もたくさんいます。
そんな中で、問題になっているのが「デジタル遺品」です。
デジタル遺品とは、パソコン内のデータやサーバー上に残された記録のこと。
今回はデジタル遺品整理の方法や必要性をご紹介します。
故人が使っていたSNSのアカウントやブログなどは、放っておくと思わぬトラブルの原因になるかもしれません。
また、遺族がスムーズにデジタル遺品を整理する方法もご紹介します。
ブログやSNSを利用している方や、パソコン内にデータがたくさん入っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. デジタル遺品とは?
  2. デジタル遺品を放置しておくと発生しやすいトラブルとは?
  3. デジタル遺品整理をスムーズにするための方法とは?
  4. おわりに

1.デジタル遺品とは?

まず始めに、デジタル遺品の一例をご紹介します。
今はパソコンだけでなく、スマートホンの中にもデジタル遺品が残されていることがあるのです。

1-1.写真や動画

パソコンやスマートホンの中に写真や動画を記録してある、という方は多いでしょう。
特に、現在のスマートホンは何千枚もの写真を保管できるのです。
また、デジタルカメラのメーカーの中には、カメラを買うとインターネット上にwebアルバムを作れるサービスをつけているところもあります。
ですから、写真のデータがいくつものデバイスに分散して保管されている、というケースも少なくありません。
そのため、本人以外はどこにどんな写真が入っているか分からない、ということもあるのです。

1-2.ブログやSNS

ブログやSNSのアカウントもデジタル遺品のひとつです。
TwitterやFacebookのように、いろいろな人たちとの交流を目的としたものもあれば、LINEのように特定の人たちとのやり取りだけに使われるものもあります。
また、SNSでだけおつきあいがあったと、いう人もいる可能性もあるでしょう。
ある日突然交信が途絶えれば、いろいろとうわさになるかもしれません。

1-3.インターネットバンキングの口座

今は、インターネット上だけで営業をしている銀行もあります。
インターネットバンキングを本人が家族に何もいわずに利用していた場合、口座があったことすら遺族が知らなかった、というケースも珍しくありません。
また、インターネットバンキングの口座にある程度のお金があった場合、遺産分割にも影響が出ます。

1-4.ゲームなどのアカウント

スマートホンやパソコンを使ってプレイするオンラインゲームのアカウントも、デジタル遺品になります。
定額制のものもありますから、ゲーム会社から請求が来て初めてアカウントの存在を知ったというケースもあるのです。

12