オークションを利用する人必見!トラブル事例と利用時の注意点は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

オークションの利用も不用品の処分方法のひとつですが、トラブルも付き物です。
まずは、なぜオークションではトラブルが起きやすいのかの理由を確認しましょう。
次に、実際にあったトラブル事例を例示し、どうしたらトラブルを防ぐことができるのか、利用時の注意点を確認しながら学んでいきます。

  1. オークションがトラブルの宝庫である理由
  2. オークションで実際にあったトラブル事例を参考にしよう
  3. オークション利用時の注意点を確認してトラブルを防ごう
  4. まとめ

安心してオークションを利用するためにも、こちらの記事を読んで必要な知識をしっかり身につけましょう。


1. オークションがトラブルの宝庫である理由

オークションは、売りたい人と買いたい人の利害が一致することで、高値で取り引きできる点で大変人気です。
しかし、トラブルの多さも問題となっています。
ここでは、どうしてオークションがトラブルの宝庫と言われている理由を考えてみましょう。

1-1.相手の顔が見えないので信頼できるかわからないから

オークションは、基本的にインターネットを介してやり取りされます。
このとき、出品者と落札者は基本的には直接顔を合わせません。
つまり、お互いにどんな人物なのか、信頼するに値するのか、確認しにくい点があるのです。
顔が見えない以上、特に初めて取り引きする相手の場合は、どうしても戸惑ってしまいますよね。
オークションは、不用品の処分方法として非常に便利な方法ではあるのですが、相手の信頼があってこそ成り立つ点で、どうしても不安が残ってしまうのです。

1-2.商品の状態がその場で確認できないから

出品時には、多くの場合で商品の画像が添付されます。
これは、落札者に商品の現状を正確に伝えるために、出品者が載せるのですね。
でも、もしかしたら、写真だけキレイな状態のものがアップされていて、実際の商品は傷んでいる状態なのかもしれません。
実際に、現物を見て取り引きしていない以上、商品状態の確認がしづらい点はどうしても残りますね。

1-3.自らの個人情報を相手に渡す点が不安だから

オークションの場合は、出品者・落札者の双方がお互いに顔を合わせなくても取り引きが完了します。
しかし、実際の商品を送付する際には、送付先の住所なり、落札者の名前なり、個人情報を相手に渡さなければなりません。
商品の送付先情報がないと、せっかく落札しても受け取れませんからね。
個人情報の管理が声高に叫ばれている今、簡単に個人情報を渡すことに抵抗がある人も、少なからずいることでしょう。

12