片付けの際に出た不用品を捨てる判断はどこでつける? 判断基準はコレ!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「断捨離」という言葉は、すっかり私たちの生活に定着したように感じられます。断捨離とは、自分に必要なものだけを厳選して持つという意味の造語です。しかし、片付けはできても、捨てる判断がつかないものが多くて悩んでいるという方は多いでしょう。

そこで、今回は不要なものを捨てる判断基準についてご説明しましょう。断捨離をしたおかげで生活がスッキリしたという人がいる一方で、大切なものを捨ててしまって後悔している人もいるのです。これから不用品を片付けたいという方は、この記事をぜひ読んでみてくださいね。

  1. なぜ、ものを捨てる決心がつかないのか?
  2. 何でもかんでも捨てればよいというわけではない?
  3. 不用品を捨てる判断基準とは?
  4. 捨てる不用品が膨大になったら、不用品回収業者を依頼しよう
  5. おわりに

1.なぜ、ものを捨てる決心がつかないのか?

まず始めに、なぜものを捨てる決心がつかないのか、その理由をご説明します。また、物を捨てる判断基準のつけ方もご紹介しましょう。

1-1.「誰かが使うかも」が判断を鈍らせる

まだ使えるものを「不用品」として処分するのは気が引ける、という方も多いでしょう。特に、元値が高いブランドものだったりすると余計に「捨てるのはもったいない」という気持ちになります。また、安いものであっても未使用のものも捨てる決心がつきにくいでしょう。

1-2.思い出の品は決心を鈍らせる

ほかの人からは価値のないものに見えるものも、思い出深い品は捨てられないという方も多いです。特に、子どもの写真や表彰状などは捨てられないという方は少なくないでしょう。また、仕事の資料なども思い出のものの一種です。さらに、写真も集まれば膨大な量になる場合もあるでしょう。収納場所は有限ですから、なんとか工夫をしなければ片付きません。

1-3.コレクションは最後の難関?

収集癖(しゅうしゅうへき)がある方は意外に多いものです。コレクションといえば骨董品(こっとうひん)や絵画が思い浮かびますが、コミックスやイラスト、DVDに漫画とコレクションできるものは数多いでしょう。また、中には箸袋(はしぶくろ)や空き缶といった、ごみかコレクションか区別がつきにくいものもあります。このようなものの中には、驚くほど高値で取り引きされるものもあるでしょう。しかし、大部分はコレクターが亡くなればごみになってしまうものです。

2.何でもかんでも捨てればよいというわけではない?

断捨離がブームになったころ、何でもかんでも捨てることがよいという風潮がありました。「持たない暮らしをする人々」が話題になったのも同じころです。このような人々は、まるで引っ越ししたてのようにがらんとした部屋で過ごすことに、心地よさを感じています。本やブログで有名になった方も多いので、その暮らしぶりを見たことがある方もいるでしょう。このような人々に触発されて、「今使っているもの以外はすべて捨ててしまった」という人もいます。

また、ものを捨てていると気分が高揚(こうよう)してきて何でもかんでも捨ててしまう人も珍しくないのです。しかし、その後「なんであれを捨ててしまったのだろう」と後悔している人もいます。市販されているものならば、買い直すことも可能です。しかし、思い出の品は一度捨ててしまえば、二度と同じものは手に入りません。思い出の品を捨ててしまったことがきっかけでうつ状態になってしまった人もいます。ですから、「不要だと感じたら、何でも捨ててしまうこと」と決めつけることはできません。

3.不用品を捨てる判断基準とは?

では、不用品はどのような判断基準で捨てればよいのでしょうか? この項では、片付けの際に出た不用品を捨てる基準をご紹介します。

3-1.2か月使わなかったものは捨てる

断捨離の際、今まで使わなかったものをいるものと不用品に分けます。そのときに、決心がつかないものはとりあえずひとつの箱にしまっておきましょう。その後、1か月して中に何が入っているか全く思い出せないようならば、中のものはすべて不用品と判断でできます。いさぎよく捨てましょう。「どうしても捨てたくない」というものを再度分別し、また1か月箱にしまっておいてください。その後「やっぱりいらない」というものは捨てて、残ったものを取っておきましょう。

3-2.服やバッグは流行があると考える。

服やバッグは、食品のように賞味期限はありません。しかし、流行(りゅうこう)おくれの服はどれほど元値が高くても、欲しがる人はいないでしょう。バッグや靴も同様です。

アクセサリー類は高いものならデザインを直して使う人もいるでしょう。しかし、ものによっては、アクセサリーのリフォーム代の方が高くついてしまいます。ですから、流行(りゅうこう)おくれの服やバッグはいさぎよく処分してください。流行(りゅうこう)に左右されないといわれるデザインも、古いものは微妙に型が違って古くさく見えます。

3-3.思い出の品は形を変えて保存する

写真に代表される思い出の品は、捨ててしまえば二度と手に入りません。しかし、収納スペースは有限です。このような場合は、形を変えて保存しましょう。写真や本などはスキャンしてパソコン内に取り込んでしまえば、何千枚の写真もCD-ROM1枚に収まります。

また、写真をCD-ROMに焼いてくれるサービスを行っている会社も多いので、自分でできない人は依頼するとよいでしょう。賞状や子どもの作品はデジカメで写真に撮っておけば、それを見ながら思い出を語ることもできます。このように、かさばる思い出の品は、形を変えて保存しましょう。

3-4.コレクションはゆずり先を決めておくとよい

どうしても捨てられないコレクションがあるという人は、自分にもしものことがあった際のゆずり先を決めておきましょう。特に、価値の高いコレクションの場合は「自称・引き取り人」がたくさん出てくる場合があります。これでは、コレクションを残された人も大変です。ですから、ある程度の年齢になったら少しずつコレクションを整理しておくことも大切でしょう。

4.捨てる不用品が膨大になったら、不用品回収業者を依頼しよう

片付けを行っていると、不用品が山のように出ることも珍しくありません。しかし、最近は自治体のごみ捨てルールも厳しく、ごみを出すのに時間がかかる場合もあります。

また、大型家具や家電を捨てる場合はごみ捨て場まで持っていくのも大変でしょう。そのような場合は、不用品回収業者を利用する方法があります。不用品回収業者とは、有料で一般家庭から出る不用品を回収してくれる業者のことです。家電でも家具でもいっぺんに回収してくれますので、「不用品を一度に捨ててスッキリしたい」という方にもおすすめでしょう。不安な場合は事前に見積もりを出してもらいましょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は片付けや断捨離をした際に出る不用品を捨てる判断基準についてご説明しました。
まとめると

  • 不用品といっても高価なものや未使用なもの、思い出の品は捨てにくい。
  • 何でもかんでも捨てると後で後悔することもある。
  • 2か月以上使わないものは捨てよう。
  • 思い出の品は形を変えて保存しよう。
  • 不用品を一度に処分したい場合は、不用品回収業者を依頼しよう。

ということです。家の中の不用品を整理するのは大変骨が折れる作業。ですから、心と体に余裕があるうちに行いましょう。年をとってから「さあ、家の中の不用品を片付けよう」と思ってもうまくいきません。判断する力も低下します。その場合は、子どもや孫にも手伝ってもらいましょう。