エアコンが不要になったら? 取り外し方・処分方法を紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

引っ越しや買い替えでエアコンが不要になった時、どのように処分したらよいのかご存じでしょうか? エアコンは家電リサイクル法の対象になるため、捨てる際には注意が必要です。

「エアコンの処分方法が分からない」「まだ使えるエアコンは売れるのか?」「無料回収してもらえないの?」

そんな方たちのために、エアコンの処分に関する情報をまとめてみました。不要になったエアコンをいつまでも手元に置いておくのは大変邪魔ですよね。ぜひこの記事を参考にして、賢い処分方法を知ってください。

  1. エアコンは何ゴミになるのか
  2. エアコンの処分方法
  3. 取り外し方について
  4. 業者に依頼する際の注意点
  5. まとめ

1.エアコンは何ゴミになるのか

「エアコンは粗大ゴミとして捨てられる」と思っている人も多いようですが、実は家電リサイクル法の対象であるため自治体による回収はしていません。例え粗大ゴミシールを購入して回収場所まで持って行ったとしても、回収してもらえないのです。

平成13年に施行された家電リサイクル法によると、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機の4品目は「特定家庭用機器」に指定され、不要になった時は最終的にメーカーが引き取ることになります。エアコンを処分する際は家電量販店やメーカーに回収してもらうか、他の方法を考えなければならないでしょう。

2.エアコンの処分方法

ではエアコンの処分方法にはどのようなものがあるのでしょうか。廃棄以外にも処分する方法はありますので、ぜひ参考にしてみてください。

2‐1.リサイクルショップに売る

まだ使える状態のエアコンであれば、リサイクルショップに売ってみましょう。「近所にお店がある」「車で運べる」という人なら、お店まで持って行くのもそれほど大変な作業ではないはずです。リサイクルショップの良さは「すぐに現金化できる」ということ。その場で査定してもらえますので、処分を急いでいる人にはおすすめです。

ただし、商品にならないような状態の悪いものは買い取ってもらえませんので、再び持ち帰らなければならない場合もあるということを覚えておいてください。少しでも高く買い取ってもらいたいなら、エアコンを磨いてきれいな状態にしておいたり、付属品を揃えておきましょう。それだけでもかなりの高額査定につながります。

2‐2.ネットオークションで売る

自分の希望する価格でエアコンを売りたいなら、ネットオークションがおすすめです。ネットオークションは何といっても利用者数が多いため、買い手が見つかる可能性は高いでしょう。
リサイクルショップに売るよりも高値がつくことが期待できます。

しかし、ネットオークションに慣れていない人にとっては相手との取引や宅配の手配を「面倒」と感じる人も多いかもしれません。さらに、いつ買い手がつくか分かりませんので、それまでは不要なエアコンを手元に置いておかなければならないのです。引っ越し前などで時間が限られている場合は、早めにネットオークションに出品しましょう。

2‐3.家電量販店に引き取ってもらう

買い替えで不要になったエアコンは、新しく購入する家電量販店で引き取ってもらえます。新品と引き換えに古いエアコンを処分してもらえるなら効率的ですよね。ただしリサイクル料金と収集運搬料金がかかりますので、いくらになるか事前に問い合わせておきましょう。

2‐4.不用品回収業者に依頼する

エアコンのような家庭から生じた不用品を回収してくれる業者に依頼する手もあります。当社でも宅配便を利用した無料回収サービスを提供中です。業者選びさえ慎重にすれば、便利でお得にエアコンを処分できますよ。

3.取り外し方について

次に、エアコンの取り外し方についてご紹介します。取り外しの手順や注意点をぜひ参考にしてみてください。

3‐1.取り外しの手順

エアコンの取り外し作業は業者に依頼しなくても自分でできる場合があります。正しい方法で行わないと故障の原因になりますので「自信がない」という人は無理せず業者を呼んでください。

最初にエアコンのコンセントがどこにあるか確認します。もしコンセントが見つからない場合は配線が複雑になっていますので、自分で取り外すのは困難でしょう。コンセントが確認できたら、ポンプダウンを行います。

次に室外機から配管や配線を外し、適当な箇所で配線を切断してください。室内機を壁から取り外し、壁の穴をふさいだら作業終了です。

3‐2.ポンプダウン作業には注意

自分でエアコンの取り外しを行う際、最も注意しなければならないのが「ポンプ作業」の時です。ポンプダウンとは冷媒ガスが大気中に放出されるのを防ぐためにするガス回収作業のことで、正しい手順と知識が必要になります。ポンプダウンの手順は取扱説明書に記載されていますので、参考にしてください。取扱説明書がない場合は、インターネットで「ポンプダウン エアコンの機種名」で検索すれば調べられます。

4.業者に依頼する際の注意点

最後に、エアコンの処分を業者に依頼する際の注意点をいくつかご紹介します。

4‐1.違法な不用品回収業者に依頼しない

不用品回収業者は全国に複数ありますが、その中には悪徳業者も。こういった業者とのトラブルは毎年何件も報告されており、それを避けるためには業者選びを十分慎重にする必要があるでしょう。

4‐2.事前に見積もりを出してもらう

回収を依頼する前には、必ず見積もりを出してもらいましょう。中にはきちんとした見積もりを行わずに料金をだまし取るような業者もありますので、見積書の内容もしっかりチェックしておいてください。

4‐3.複数の業者を比較する

業者を探す際には、いくつかの業者にまとめて見積りを依頼して比較してから決めるようにしましょう。最初から1社に絞ってしまうと損をする可能性があります。複数の業者を比較すれば回収金額の相場も分かりますので、安心してお任せできるはずです。

5.まとめ

エアコンの処分に関する情報をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

  • エアコンは何ゴミになるのか
  • エアコンの処分方法
  • 取り外し方について
  • 業者に依頼する際の注意点

「不要になったエアコンを処分したい」「処分方法が分からない」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。