パソコンが壊れたと慌てないための対処法!無料回収を利用した処分

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンは暮らしに密着した存在ですよね。何か調べものをするとき、我々が頼るのはインターネットでしょう。便利なパソコンがある日突然故障したら?きっと慌てふためいてしまうはずです。
パソコンの操作には慣れていても、故障したときの術は知らないという方がたくさんいます。怖くて触ることもできないという方もいて、見て見ぬふりをして過ごすという方も。どうしたらいいかわからないという気持ち、非常によくわかります。今回は、パソコンが壊れたときの対処法や処分についてです。

  1. パソコンが壊れた!と思ったら
  2. パソコンのデータバックアップについて
  3. パソコンが壊れてしまったら(処分)
  4. パソコンを処分する前にやるべきこと
  5. パソコントラブルでよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、パソコンの故障セルフチェックができるようになります。壊れてしまったパソコンを安全に処分したいという方も必見です。パソコンは大切な情報源ですので、正しく処分して身を守りましょう。


1.パソコンが壊れた!と思ったら

パソコンの異常は、自分では判断しにくいケースもありますよね。普段とは違うと感じたら、無理に使い続けない方がいい場合もあるので、ぜひ知識として知っておいてください。

1-1.パソコンの故障でよくある症状・原因

パソコンで起こりやすいトラブルをまとめてみました。

1-1-1.パソコンが起動しない

電源そのものが入らない・起動しないというトラブルは頻発します。パソコンが立ち上がらないのでは、対処法も浮かんできません。ビーという音が鳴る・OSのロゴまでは表示される・エラーメッセージが出るなど、症状の出方も多様です。
起動しない原因は、マザーボードの故障やハードディスクの不具合によるもの。内部の部品とOSがうまくバランス取れていないために起こります。部品交換で改善される場合もありますが、修理では対応しきれないこともあるでしょう。

1-1-2.電源が落ちる

使用中なのに突然電源が落ちてしまうという経験はありませんか?ハードディスクの不具合によるものと、CPUが高温になっているものがあります。長時間使用していないか・ファン周辺にほこりなどが詰まっていないか・高温になっていないかなど、使用状態を確認しましょう。
故障以外で考えられるのは、パソコン以外への電力供給量が多い場合です。周辺機器を取り外し、いったんパソコンを冷やしてから再起動してみてください。

1-1-3.作業能率が落ちた

パソコンの作業能率低下は、イライラしますよね。インターネット閲覧だけでも読み込みが遅く、ソフトウェアもスムーズに使えない。仕事でパソコンを使っているなら、時間ばかり浪費してしまうでしょう。
主な原因となっているのは、パソコンの性能にあります。性能が低いのに対し、作業内容が追いつかないためです。まれに、ウイルス感染によるものもあり、おかしいなと思ったら専門業者に見てもらう方が安心でしょう。

1-1-4.異音と異臭がする

パソコンからいつもと違うガリガリする音が聞こえてきませんか?同時に、焦げ臭さを感じることもあるでしょう。異音や異臭は、多くはCPUファンに付着したほこりが原因です。ほこりでファンが塞がれている場合、内部の熱を放出できず、ほかの症状が現れることもあります。

1-2.パソコン故障のセルフチェック

ご自身でもできるチェック項目を用意しました。該当するものがないか確認してみてください。

1-2-1.パソコンが寿命を迎えていないか? 

パソコンを購入してからの年数を考えてみてください。だいたい製造から5年が経過したものは、寿命が近いとされています。さまざまな不具合が生じる時期です。

1-2-2.周辺機器の取り外し

周辺機器による負荷が大きい場合、パソコンの動きが悪くなることもあります。まずは、周辺機器を取り外して軽くしてみましょう。解決するなら、周辺機器に問題があったことが判明します。

1-2-3.ウイルス感染チェック

ウイルス感染した場合、パソコンへのダメージは大きいものです。ソフトウェアを使い、感染していないか確認しておきましょう。

1-2-4.CPUファンのほこりを掃除する

先ほども述べましたが、CPUファンのほこりをきれいにすることで、パソコン内部の熱を下げる効果があります。詰まっているほこりを掃除し、様子を見てください。

1-3.パソコンが故障したときに自分でできること

パソコントラブルは慌ててしまいますよね。つい多方面に手をつけてしまいがちですが、迂闊(うかつ)に手を出すと取り返しのつかないことにも。自分でもできることを覚えておくと安心です。

1-3-1.再起動

単純に再起動するのではなく、セーフモードというパソコンの掃除機能をしながら再起動してみてください。セーフモードで正常化しないなら、修理が必要になる場合もあります。

1-3-2.放電

放電は、最も簡単です。パソコンをリセットでき、電源異常を回復してくれます。周辺機器を取り外し、数分時間を置くだけです。ノートパソコンの場合、バッテリーを取り外してください。

1-3-3.電源チェック

電源供給がきちんとなされているか、簡易チェック器を使って調べてみましょう。専用機器が必要ですが、修理に出す前段階として有効な手段です。ただし、簡易チェック器を使った電源チェックは、配線ミスで故障する恐れがあるのでご注意を。

1-3-4.清掃

清掃はこまめに行うことが大切です。ほこりは細かいため、内部まで入り込みやすく、焦げ臭さを起こす原因でもあります。ファン周辺以外にも、パソコンを開けることができるなら、中まで掃除機で吸い取りましょう。開け方は、メーカー推奨の方法で行ってください。

1-3-5.リカバリ

パソコンのリカバリは、出荷前の状態へ戻す作業です。OSを入れ直すため、ハードディスク内のデータは初期化されてしまうため、バックアップしておく必要があります。リカバリは、作業能率低下・ウイルス感染・起動しないといったトラブルに有効な手段です。

1-4.パソコンの修理について

何かトラブルが起きたとき、頼れる修理先を見つけておくと安心です。最近で、家電量販店でも修理対応窓口を設置するようになりました。身近な修理先を持つことで、いつでもトラブルに備えることができます。格安と謳(うた)うところが増えていますが、事前に見積もりを出してもらうようにしてください。